【映像研には手を出すな!アニメ版】6話感想 浅草氏の創作スイッチ

アニメ映像研には手を出すな!第6話「前作より進歩するべし!」の感想と実況のまとめです。

もう6話!?はえぇぇ!

熱い手の平返し

アニメのプレゼンが功を成し、美術部が今回は協力してくれるそうだ!!

美術部も動き出した

どんどん制作工程に人が増えていく

ぐもへちまもない

オープニングムービー作るんかい!

月に500枚か

「アニメーターは月に500枚描けて一人前らしいけどアニメの絵は必要な絵を必要なレベルの技術で描く義務があるから1日1枚自由に描くお絵かき500枚とはわけが違うんだよ。」

アニメーター魂が炸裂してんな。

恐ろしいことだ

「手袋して手錠つけながら描いた500枚の下描きのトレスがたった0.02ミリずれただけで瞬間地獄に落ちる呪いをかけられるぐらい大変。それ以前に甲冑を着て1ミリの間に均一に変化した絵を10枚描かないと飢えて死ぬ呪いくらい大変。動きを考えながらこんな線の多い絵を時速3枚描くのは呪いなんだよ!」

なるほどわからん

アニメ制作は呪いレベルの大変さ!!

呪いの表現が辛くなってるwww

早速破綻w

仕事効率化しなきゃ・・・

部室にパソコンがあれば…

映像研専用のPCが欲しい……。

いいアバンだった!アニメーターの大変さを教えてくれた

イージーブリィーズィー!

このオープニング好き
何回でも見れる!

オープニング全てがセンスいい

シメに誘われる?()

金森氏に誘われた

ボロいラーメン屋だ…

ガソリン臭いラーメン屋ってどんなんだ

金森氏のおごり!?

おごり…だと?

金森氏のおごりとかおそろしすぎでは

金森氏は893…w

残業代の前金ww

眼鏡かんざしの金森氏♪

金森氏は美人だな…

食事会というか打ち合わせか

ここを基地とする

徹底的に省力にしながら映像のできに手を抜かないコンテマンの鑑

カニ食いてぇな

めっちゃカニくうやんw

蟹が美味そうやないかい

カニ食う描写にこだわっている♡

タンタバタタンタバタターラーラー

ワンダバスタイル

ウルトラマンっていうか昭和特撮っぽい…

カタパルト射出!

出撃のこだわり好き

描き込みすげぇな

パイルバンカーは男の夢

動くとカックイイロボ!

アクションシーンは水崎氏に

PC手配しました。

情報処理部…

何という無駄遣い

マンション建てたいゼネコン

金森氏有能過ぎる!!!

寝る子が育ってる現場

金森氏、お疲れ様です。

疲れてるねぇ金森氏

完成は目標ではなく決定事項です。

赤っ!とうがらしラーメン赤っ!

トウガラシラーメン美味しそう

恐ろしい食べ方じゃ

奢りじゃないのかよw

みかこしキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

厄介な副会長

音響部 退去命令?

何その扉の開閉式

防音扉か・・・

ドアの開き方すげぇな

お、新キャラ

百目鬼氏登場

間に合ってまーす

金森氏、完全に893

結構もこけこっこーもねーんだwwwwwwwww

無理やり入ってきた

すごい部屋だ

退去命令が出ている音響部。

音響研に金貸しの如く押し入る金森氏!!

ありとあらゆるSE

膨大な素材が!

金森氏、浅草氏も呼んでた

膨大な数のSEのソースがある!!
価値を聞いて売る気満々の金森氏♪

使うよりも売る方を選ぶ金森氏w

ガチ希少資料

ジブリではわざわざ温泉街に行って効果音撮っただよね。

浅草氏音響もいけるのか

華厳の滝だけで72候www

四季ならぬ七十二候

華厳の滝だけで膨大な数のライブラリ!!

浅草氏音響も詳しいのね

セールスお断りのノリで音響部に断られる映像研。

警察組織あるのか

金森氏最高だなw

生徒会にもパブリックエネミーって言われていたっけ。映像研が『公共の敵』なのは共通概念なのか。

あと4部屋も w

百目鬼氏いいなぁ

部員他に居ないのかww

変わらない足音

これはひどい

ずっとコンクリ音笑笑

草→土→砂利→泥

そのSEを止めろ!!!!!wwwwwww

同じSEで吐いたwwwwwwwwww

オエエエエエエ

業務提携だたw

「我々がここの音源を全部取り上げても全てのデータ化は無理です。どうでしょう?音響部には我々が所有する地下1階、地上2階建ての倉庫をお貸しします。自由な活動と存続も我々が保証します。」

「その代わり我々はそちらが所有する音源を自由に使用することができる。音響部の部費は音源データを複製し販売・貸し出しすることで確保し我々は手数料をもらいます。」

「それに我々の作品の音響に関する顧問もお願いしたい。」

「出費がなく部が潰れないなら…りょ、了解しました。」

完全なる吸収合併交渉

金森氏という圧倒的強キャラ

百目鬼、レア名字だ。

どんどん有能な人材を確保

おはやう かわいい

浅草氏仕事早いのねえ

水崎氏もゾーン入ったな…

水崎氏スイッチon

あー浅草氏と同じタイプだわw

浅草氏のスイッチ

この美術部には

メガネちゃん

今度は美術さんだ!

美術部はオリジナルか

冴えなさそうな人たち

どっどうも!

浅草氏説明がんばってる

静かな子、説明上手

セルを知らない

まぁ知らないよね

「実際はセルじゃないんですけど」

セル(セルとは言ってない)

美術部の人リアルにいそうな感じやなぁ。

アニメ知らない人に説明するの大変だな

それは言わないで

よう知らんけど

関西人の「知らんけど」でた〜

美術部の人、アニメについては素人故、映像研が気付かない素朴な疑問を出しまくり!!

アニメをしらない人間に無茶苦茶言われてる

無邪気な突っ込みが厳しい…

会話のテンポが合わない

浅草氏、押されとる

浅草氏のガチガチ感すごいな

共同作業は大変だな…

なんか掘ってるww

恋する小惑星か!?

ヒシバッタかわいいよな~!

ヒシバッタなんて最後に見たのいつだろう

疲弊した浅草閣下。
気晴らしに周囲を観察していた。

物事には訳がある

あー、悩み始めちゃったよ。

迷走し始めた

巨大ロボは嘘の塊

急に現実に戻された

ロボアニメは、やめよう!

この食い気味のばかやろうw

浅草氏が押井守みたいになってきたぞ

浅草閣下、ダイナミック入室!!
そしてロボアニメ止めようと言い出した!!

誰にも万人が納得するロボは描けんよw

バギーに変わったw

>バギー
海底鬼岩城かな?

承服しかねる!

リアルにこだわり過ぎて身もふたもない結論に辿り着く浅草氏

ロボット警察にすぐバレる。

ロボット警察めんどくさいよね

髪の毛イジイジ浅草氏かわいい

どちらに転んでも死ぬさだめ

リアルに寄っていくとシンゴジラみたいになるよね。

最大の敵はロボット警察かあ

他人なんて関係ない

「あのねぇあんたがダメだと思うからこの作品はダメなんですよ。他人なんて関係ない。あんたはあんたが満足できるロボットを好き勝手描く以外の選択肢はないんすよ!」

名シーンくるー!

「みんなあんたが指示したものに近づけるため最善を尽くしてる。それはあんたがいいものを想像してると期待しているからです。」

「あたしは文化祭に間に合うなら内容についてとやかく言わない。」

「だが!出来上がったものがクソ面白くなかったら責任は全部お前にあるからな!なぜならあんたは監督なんだ。」

金森氏いいこと言うなぁ

人の目を気にしていたら手に入るもんも入らなくなるもんね

アニメ監督さんにピンポイントで刺さる台詞ですね

復活した!

浅草氏のヤル気スイッチON

やる気が戻った

「浅草さんの創作スイッチは自由か」
「放牧すべきかな」

金森氏のマネジメント力よ…

やばいあっという間だった…

いいねえ、青春だわ

まーーーーーーーじで最高のアニメ!!

第6話視聴終了!!
金森氏活躍回!!
根回ししたり映像研の連中にラーメン奢って慰労したり音響部の百目鬼を脅しもとい協力を仰いだり美術部と打ち合わせしたり!!
ヤる気のON/OFFが激しい浅草閣下。
ロボアニメ止めようと根本をひっくり返す事まで言いだした!!

最後少し涙が出そうになったぞ、金森氏よ。

金森氏頼もし過ぎる。

自分という評論家を骨抜きにさせれば良い!
創作家の壁にして、最初の大事なゴールと思う

オモロイキャラがドンドン出てくるねぇ

映像研は毎回神回だな
しかし今回は特に金森氏が良かった

最高のベシャリ回

自分の叱咤で奮起した浅草氏を見て金森氏が幸せそうにしてるのが微笑ましいな

浅草氏の慣れないコミュニケーションで疲れた脳ミソを癒すために土を掘って石を探したりバッタのスケッチしたりと幼少時代からずっと1人遊びをしてきた子なんだなぁと感じられる描写めちゃ良い。

最後の展開熱かった

万能でなくて良いんだ!って勇気でる。デコボコだから良いんだ!

水崎氏が常にポジティブに受け止めてくれようとしてくれるのは大きいよなあ

気持ちが良いアニメだな
本当に時間たつの早い

金森氏の人を動かす力、すげえな。

© 2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会
※当ブログ上で使用している画像の著作権その他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。
>映像研には手を出すな!公式サイト

コメント

  1. 名無しさん@アニメ好き より:

    今回キャラデザが違うとこあって今いち没入出来んかった。

  2. 名無しさん@アニメ好き より:

    金森氏はプロフェッショナルだな

  3. 名無しさん@アニメ好き より:

    今回浅草氏を叱咤激励する金森氏のセリフが胸にグッときて、なんだか分からんが泣きそうになっちまった。

    監督の責任の重さを説くとともに、皆がお前を信頼して集まり、支えているんだという事実を金森氏なりの不器用で乱暴な言葉で伝えて、やりたいようにやったらいいんだと自信をつけさせている。

    こんな完璧な”叱咤激励”、初めて聞いた。

    冷静で聡明。なのに熱く、裏方に徹しながらいざという時は頼りになり仲間の背中をバシンと押しだす。

    自分の見たアニメの中で最高の人物だよ。