【魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)】10話感想 交した約束これが全ての始まり




アニメ魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)第10話「もう誰にも頼らない」の感想と実況のまとめです。

前回(9話)の感想↓

【まどか☆マギカ(まどマギ)】9話感想 最後に愛と勇気が勝つストーリーだと信じて
アニメ魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)第9話「そんなの、あたしが許さない」の感想と実況のまとめです。 前回(8話)の感想↓ 次回(10話)の感想↓ 放送後の反応 うばるちゃ...

放送後の反応

「魔法少女まどか☆マギカ」の、真主人公がほむら=サンで、真ヒロインがまどか=サン、ということが明かされる第10話、ホント秀逸すぎる…。
そして、ここからの怒涛の11話、12話が続けて来るとか、ホントたまらんちが…。

1〜9話までのほむらに対する印象をたった1話分で覆してしまう10話の秀逸さは何度観ても色褪せない……

時を巻き戻す手段を手に入れるため、自分で作りだしたのがおかりん。自分以外の未知の力に頼ったのがほむら。そりゃおかりんは成功してほむらは失敗するよなあ。まあおかりんも成功するまでにあれだけの悲惨な物語を紡いだわけだけど。

(そう言えば、三回目か四回目の間辺りにおりこ世界線もあるんでしたっけ……)

10話のコネクト入りは神演出

ほむら=サン「交わした約束忘れないよ。もう何があっても挫けない」

本放送時、この話一回で一気に種明かしして、最後にOP持って来て、OPの歌詞が完璧にほむらとリンクするの本当にゾッとしましたね。
最後が5人なのも……

1話全てを使って語るOP、体感時間はOPそのもの…

10話目でコネクトの意味を知る話

コネクトがまどかや、この作品じゃなくて、ほむらの事を指してたのが解る10話
本当に、神だな

まどマギのほむらの回想というか過去を観るとほんとまどマギの良さがはんぱねぇ。

当時この10話のすぐ後に東日本大震災というリアルワルプルギスの夜が訪れるとは露ほども思わなかったな。

そういうことだったのか…
最近、再放送ではまる作品が多い

10話、ほむほむに感情移入しすぎて「まどかいい加減にしろ」っていつも思う。この後分かってるけどね…
キュウベエに騙されるのが本当イライラする

3話目から「OP詐欺」感半端なかったけど,10話で「コネクト」がEDになった時の伏線回収感がヤバいし,スタッフロールがいつもと違うやつで,そこも相まっての感動なんだよな。
さやかと杏子の脱落からの,10話でほむら過去回入れるのは素直にすごいと思った

今週のまどマギは、ほむらの過去回でした。ほむらの苦悩が伝わる内容だった。

最も誤解の多い場面。この巴マミは豆腐メンタルでも錯乱状態でもなく至って冷静。これは制作者・漫画版作者・声優に念を押して忠告されており、信じてきた正義を否定され、生きる意味を否定され、それでもその場で絶望して魔女化していないのがその証明でもある

ほむらのループ回数。紆余曲折を経て何故か「5回以上1000回未満」「80年」と解釈が変化しているが、実際はThe Beginning Storyの対談で、虚淵「数千回もループしてるとか思えない。もっと少ない。ほどよい回数」新房「何百回もだとほむらが歳を取ってしまう」。

悲惨としか言いようがないがそれでもクーほむはかっこいいんだよなぁ

ほむらはまどかを助けるために同じ時間を繰り返してたのか。今までの話もほむらの繰り返した時間の一つだったんだな。ほむらがもう一人の主人公に思えてきた。

まどマギ10話は本当に鳥肌が立つ…!

実況まとめ

まどマギの時間だああああああああああああああ!!!!!

この回でまどマギすっげえおもしれええええええ!!!ってなったわ

はーいそれじゃあ自己紹介いってみよう!

なんだこの眼鏡っ娘は!?(驚愕)

おどおどほむらちゃん

転校してきたほむら。三つ編み、眼鏡、引っ込み思案で大人しい性格…

遂に、ほむら=サンの過去回想、きましたね…。

保健室行かなきゃいけないんでしょ?場所分かる?

そんな緊張しなくていいよ!クラスメイトだから!

陽キャまどか

まどかが若干違う

「私、鹿目まどか。まどかって呼んで。だから私もほむらちゃんって呼んでいいかな?」

「私その…あんまり名前で呼ばれたことなくて…すごく変な名前だし」

「そんな事ないよ、なんかさ、燃え上れーって感じでカッコイイと思うな」

「名前負けしてます…」

「せっかく素敵な名前なんだからほむらちゃんもカッコ良くなっちゃえばいいんだよ」

まさかあそこまでカッコよくなるなんて思ってなかったろうね

心臓がキュッとしてきた ‍‍

涙目ほむら可愛い

すべてがドンくさい暁美ほむら

真逆どころかまどかより自信ない子だったのか…

ど、どこなの?ここ……

イヌカレー空間!!

ほむら=サン、初の魔女との遭遇…。

ああ……
懐かしのマミさんのテーマ

ウィッチスレイヤー=サン!?

彼女たちは魔法少女

まどか~!

「いきなり秘密がバレちゃったね、クラスのみんなには内緒だよ」

イキリまどかさん好き

いつもあんなのと闘っているんですか?

マミさんはベテラン

「鹿目さんにはワルプルギスの夜が来る前に一人前になっておいてもらわないとね」

すべての始まりのこの時点でマミさんは既に魔法少女としてベテランなのね

中学生という設定をよく忘れてしまうマミさん

平気なんですか!?こわく……ないんですか……

突然の死

「じゃあ、行ってくるね」
「そんな…巴さん…死んじゃったのに…」

「だからだよ。もうワルプルギスの夜を止めらるのは私だけしかいないから」

マミさん死んだ

(マミさんは死ぬ運命)

唐突なわけわからん回想で、死んだはずのマミさんが出てくるし、まどかはまだ一度もなってないはずの魔法少女になってるし、衝撃しかない10話

「一人だけであんなのに勝てっこない!鹿目さんも死んじゃうよ」

「それでも私は魔法少女だから」

この時点でワルプルギスの夜が来るのも確定してる
そして、形は違えどマミさんの死も……

まどか・・・

「あなたと友達になれて嬉しかった。あなたが魔女に襲われた時、間に合って今でもそれが自慢なの」

「だから魔法少女になって本当に良かったって、そう思うんだ」

「さよならほむらちゃん、元気でね」

「行かないで!鹿目さん!」

生きて帰って来る気無いセリフだよな…

まどか……!

「私なんか助けるよりも…」

「あなたに…生きててほしかったのに…」

うるせぇぞ、QB

「その言葉は本当かい?暁美ほむら」

「君のその祈りの為に魂をかけられるかい?」

そして、ここぞというタイミングで営業をしに来る白い悪魔ェ…。

「教えてごらん?君はどんな祈りでソウルジェムを輝かせるのか」

これが全ての始まり…

「私は……」

「私は鹿目さんとの出会いをやり直したい。彼女に守られる私じゃなくて彼女を守る私になりたい」

そして、ほむら=サンは魔法少女となる…。

ここから「彼女」の長い戦いが始まった

ほむスピナー爆誕…。

そして時を遡る

まだ退院してない?夢じゃない!?

あら^~

「鹿目さん私も魔法少女になったんだよ」

クラスのみんなには内緒って言ったのに

あ、嬉しくて初対面なの忘れてる

たしかにすごいけど使い方が問題よね……

使い方が時間とめて貧弱な腕力で殴るだけではな ‍‍

基本フィジカルと兵器だからな

ハンカチひいてる偉い

いきなりやべぇこと始めた

時間停止の使い方に悩み自力で爆弾を作る中学生女子。

メガネほむらちゃんの武器がゴルフクラブと爆弾なのって、これだからか

本放送時、まさか爆弾自作する系魔法少女になるとは誰も予想出来んわ

マミさんの髪凄い

オリジナルグレネード

そして時は動き出す

ほむら=サンの、自作爆弾、なんでとこに投げ込むねん…。

ほむほむは魔法少女界の月岡津南と俺は呼んでいる

やった……やった……やったあああああ!!!!!

スポンサーリンク

 

3話で死んだマミさん、こうして見るとめちゃくちゃ強いしサポートもできるし、なんで死んだんだってくらいには強い。株が上がりまくるAパート。

まどかが魔女に

ワルプルギスは倒したけどまどかは死んだ1周目、まどかほむら生存でワルプルギスは倒せたけどまどかが魔女化した2周目

なに……どうして……なんで……こんな……

 

三度目で騙されてた事に気付いた!

「伝えなきゃ…みんなキュウべえに騙されてる」

真実を知るものは信用されない

「あのさぁ、キュウべえがそんなウソついて」

「一体なんの得があるわけ?あたし達に妙なこと吹き込んで仲間割れでもさせたいの?」

三周目はさやかちゃんが居て、杏子ちゃんは敵扱いなのな

これだからほむほむは美樹さやかに対して良い印象ない

爆弾以外の武器ってないのかしら?

気付いたら目の前で爆発するの嫌なのはわかる。爆弾以外でどうにかできないか提案するマミさんは先輩だな

「ちょっと」考えた結果がアレだよw

ほむら=サン、時間停止有効活用しまくりやんか…。

さやかもそういう運命

さやさやはこうなるうんめーにゃ ‍‍

巻き込まないために仕入れた武器で巻き込みたくない相手を倒すことになる魔法少女。

くるぞ…

「さやか…」

巴さん!?

「ソウルジェムが魔女を生むなら…みんな死ぬしかないじゃない!あなたも…私も…」

豆腐メンタル マミさん

マミ=サン、こんだけ動揺して顔芸しつつ、めっちゃ冷静に魔法少女チームの対処してるの、流石ベテランすぎる…。

無理心中マミさん

このシーンかなりシリアスなハズなのにニコニコで量産されたMADのせいで笑えてしまう

意外と容赦ないまどか

マミさんの説得が不可能と瞬時に判断し、一撃でグリーフシードを撃ち抜くまどかさん

ほむらを守るためだから師匠のマミさんも撃ちぬけたんだぞ(百合脳 ‍‍

大丈夫だよ……ふたりでがんばろう

一緒にワルプルギスの夜を倒そう

三度目も倒せたけど二人のソウルジェムが……

どうやってもBADになってしまう

前回以上のバッドエンドに

「それはそれで いいと思わない?」
この辺から悪魔ほむらの片鱗が

さっきのはウソ、一個だけとっておいたんだ

あぁ名シーン

「私には出来なくてほむらちゃんには出来る事…お願いしたいから」

「ほむらちゃん過去に戻れるんだよね…こんな終わり方にならないように歴史を変えられるって言ってたよね」

「キュウべえに騙される前のバカな私を助けてあげてくれないかな」

「約束するわ、絶対にあなたを救って見せる」

「何度繰り返すことなっても必ずあなたを守ってみせる」

まどかから託された想い

ほむら=サンが、まどか=サンの魔法少女化を阻止する一番の理由きましたね…。

あーあ、ここのせいで…

むしろこれが”呪い”

三周目のまどかとの約束……今につながる、約束……

キュゥべえには魔法少女以外で魔女に対抗する方法はあるんだろうか?

あぁ・・・

「もう一つ頼んでもいい…私魔女にはなりたくない…」

「まどか!」

この介錯の瞬間に音が消えるのがな……

そりゃこんな感じで何度も絶望してループすればほむほむも擦れるw

「誰も未来を信じない」

視力回復

「誰も未来を受け止められない」

「だったら私は」

そして、4周目…。
そして、ほむら=サン、覚醒…。

タイトル回収

「もう誰にも頼らない」

こうしてほむらは生まれた

武器がどんどん物騒になっていくほむらちゃん

まどかには戦わせない

20分前とは完全に別キャラに

であの最初のシーンに繋がると

『magia』劇中歌は燃える

たった1人でワルプルギスの夜に立ち向かうほむらちゃん

らめえええええええええええ

絶対まどかが契約するようになってしまう・・・

白い悪魔、ホント、契約のためには手段を選ばないすぎる…。

「君なら運命を変えられる。避けようのない滅びも嘆きも全て君が覆せばいい。その為の力が君には備わっているんだから」

「私なんかでも本当に何かできるの…こんな結末を変えられるの?」
「もちろんさ」

「だから僕と契約して魔法少女になってよ」

やっと守れるかと思ったら、キュゥべえと契約させられてしまった……

結末が遅かれ早かれ、一緒すぎる…。

最悪の結末やん

「遅かれ早かれ結末は一緒だよ。彼女は最強の魔法少女として最大の敵を倒してしまったんだ。もちろん後は最悪の魔女になるしかない。おそらく今のまどかなら十日かそこいらでこの星を壊滅させてしまうんじゃないかな」

「ま、後は君達人類の問題だ」

あとは君たち人類の問題だ(笑)

繰り返す何度でも繰り返す

「戦わないのかい?」

「いいえ、私の戦場はここじゃない」

ほむらちゃん……

「まどか、たった一人の私の友達」

「あなたの為なら私は永遠の迷路に閉じ込められても構わない」

ホント暁美ほむら好き

ほんとは気が弱いのに気を張ってるほむほむマジすごい

本放送、2011年Q1
いまみても第10話はほんとすげえや。

交わした約束忘れないよ

ここでコネクトはほんとずるい

ここで、OP、という神展開すぎる…。

この歌ほむら目線か…言われれば確かにと納得できるし、泣く

ここでコネクトか
ほんとよくできてるなぁ

でこのタイミングでのコネクトはやばい。
マジで「歌詞の意味が全てほむほむを言ってるのが良くわかる」

OPの歌詞の意味が、全て裏返る第10話…。

歌詞の意味が一気にわかるよね…

このOPはまどマギの始まりじゃなくてほむらの始まりなのか……

マジで当時虚渕ぃいいいいいいいいいいいいいいいい!!!てなったわ

やっぱり、まどマギは面白いな。

ここで放送がストップしたせいもあってかまどマギで一番繰り返し見たし一番印象深いエピソードかも個人的に。ほむらちゃんファンもここで一気に増えた印象。私もその一人。

みんなの感想

  1. ごりりんまんEX より:

    コネクトの曲はここから回ってきたか( ・ω・)