【神之塔 】1話感想 答えは常に塔の上にある




アニメ神之塔 -Tower of God-第1話「BALL」の感想と実況のまとめです。

次の感想

2話感想 運も実力のうち?

春新番はじまた

名誉とプライド?力と権力?

開幕はやみん

ようこそ…神之塔へ…

“塔”アニメじゃん

ドルアーガと違うのか?

大塚芳忠の悪役感

「神になれる」

何で塔に登ったら全てが手に入るの

またすごい世界観のやつが始まった

OPキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

初回からOPのあるアニメは

ネボレチュゴーネボレチュゴー

よいではないか

熱い押し倒し

私は塔を登るの

押し倒したら消えた?

心理の門的な

第1のテスト

蝶ウナギとボール

ほーちゅうだからラスボスかな?

ヘドンは塔の管理人なのか

ヘドンいい声ですねw

答えは常に塔の上にある!
メイドインアビスと真逆の発想

世界観が独特だな

うなぎ。

割れば合格

謎のテストやめろ

オレを踏み台に

<(^o^)>┌┛’,;’;≡三

突然のご褒美

日本語でおk

ほんやくコンニャク的なアイテム

わかんない言葉だったのか。わかるようになった。

よそ者のこと

「わからんちん状態」ちょっと笑った。

きょうびわからんちんって聞かねぇな

黒の三月はザハードだけが持てる物?

かわいい顔してるから貸してあげる

かっこいい剣ですね

デレてるじゃん

顔が良くてよかった

やっぱり顔は正義なんですね

イケメンは得だなぁ

黒の三月って刀なのか

バカ!何してるの

あ、食べられた

あれ、蝶ウナギあんなんだったっけ

あれが正解なんです!

口の中に飛び込むしかない ‍‍‍

腹の中から攻撃するやつ

懐の中にわざと入ったのか

(# ゚д゚)、ペッ

吐き出された!

死の恐怖に打ち勝つこと、それがこのテストの答えです

割れないやんけ!

さきっちょだけ

ダメージが通らない

割れろ!

スポンサーリンク

 

スーパー回想タイム

うおっまぶしっ

主人公は記憶喪失なんか

これが出会いなのか?

空を見たことがない

塔の中だけが世界ってことか

割れろ!割れろ!

「力を貸してくれ」

力が欲しいか?

うおっまぶしっ

なんかおきた

おねーさんが出てきた

顔どんだけかわいいんだよ

ショタコンに大人気

可愛い顔最強じゃんw

かわいいは大正義

割れたァー!?

次の階に行った

えっ、消えたと思ったら次の階に移動したやと

面白いことがない人生なんてクソくらえ ‍‍‍

バチューン

魚くーーーん

蝶ウナギ死亡確認

蝶うなぎくん踏んだり蹴ったりで可哀想

第2テスト 選別者たち

なに草食ってんだ

食うんかい!

変なキューブが浮いてる

バトルロワイヤルが始まりそう

あなた達には殺し合いをしていただきます

ダーウィンズゲームになってきたな

ガンツ感あるな。

さっそく出会っちまったぞ!

見るからに弱そうなおっさんが…

助けた瞬間死んだ…

 

サクサク死ぬな

狙い撃つぜ

隠れる場所ないし遠距離有利では

カバンカッチカチでワロタ

かばんには鉄板入りです

強そうなイケメンだ

得物はなんでもアリやな

あらかわいい

強い武器にはあのマーク付いてんの?

うしろうしろー

見渡せば敵だらけ

包囲されたな

三人に勝てるわけないだろ

絶体絶命だ・・・

なんかよく分からんうちに終わった

全く読めんが1話なんてこんなもんでしょう

続き気になる… 面白かった…

一話で岡本さんでたー

終わった
ショタは正義(適当)

正直よくわからんかった。

まあまだ一話なので内容の理解度はね…

神之塔 -Tower of God-、今のとこ今期で一番おもしろい。

掴みは結構いいですね

まぁとりあえず2話までみるか

この先マジで面白いから1話で切らないでくれ…

絵が新世界より思い出した

神之塔、この不思議な感触がどう変化するか変化しないかワクワクしてる

絵がいいよ〜〜
ちゃんとファリヨンもいた

一気に見たい系アニメ

とりあえず色使いと絵が好みだし作画も良さげ

1話見たけど
まだ世界観が分からない

一瞬だった、アニメ化ほんとに感動(;_;)
ここからどんどん面白くなるので見てほしい!!!!!

©Tower of God Animation Partners
※当ブログ上で使用している画像の著作権その他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。

みんなの感想

  1. 名無しさん@アニメ好き より:

    謎を散りばめて次に繋ぐのは判る。
    が、そこはかと感じるつぎはぎ感。
    絵は好き嫌いがでそうだが、と慣れで解決する。
    原作未読の立場から言えるのは、次回見逃しても余り悔しくない1話でした。