【映像研には手を出すな!】2話感想 良いオチがつきました




アニメ映像研には手を出すな!第2話「映像研、爆誕す!」の感想と実況のまとめです。

前回(1話)の感想↓

【映像研には手を出すな!】1話感想 私の考えた最強の世界
アニメ映像研には手を出すな!第1話「最強の世界!」の感想と実況のまとめです。良かったーアニメを最大限リスペクトした漫画をリスペクトしたアニメってそりゃ面白くなるよねえ。映像研、空気感クソ好きだわ

実況まとめ

映像研には手を出さないようにしないとな。

マンホールから

「うまくまけましたか 水崎氏。」
「うん!教えてもらった抜け道 さいっこー。」

浅草閣下のバックパックは軍用品か♪

ここにも経済格差が!!!!!!!!

水崎氏流石金銭感覚ズレとるw

高級品が10万、社会人の感覚だ

職員室へ

「職員室はそっちじゃないですぜ浅草氏。部活の立ち上げ申請に行くんですよね。」

「うぅ…やはり一緒にアニ研じゃダメかのぉ…。」

この配色こそ湯浅感

長編作ってコンクールや大会に出てみない?

そ ん な に

「映像系の部活作ったら部費はいくら出ますか。」

「い、一応 活動実績によるけど…正式に部になれば年間予算は最大で15万円。」

やべーぞ、このままだと実写を作らないといけなくなる

作っちゃえばこっちの話w

嘘はついていない。

でた!!!井上和彦!!!!!!!!

藤本先生イメージどおり過ぎるわ笑

顧問やりたいのか

「顧問やったら 血行が改善されるかなぁ。」

やりたいんですね

映像研、爆誕す!

アバンで出来てしまった

ケイオスなダンスのオープニングが始まった♪

ガンギマリOPはじまた

頭がおかしくなりそうなOP

1週間ずっと頭から離れない神opきたぁぁぁあ!!

廃墟!?
錆びついたトタン板の外装!!

クーラーないし断熱材もないしで冬死にそう

孤立無援

「天井も壁も穴だらけな上に学校の支援もないときましたね。」

いや、2000万はさすがにw

「うちの屋根の修理2,000万とかしたよ?そんなお金ないよ私。」
「水崎家の改装じゃ比較にならんよ!3万円で足りる!」

天井にも穴が
2000万円て

部室に宛がわれた倉庫は一応水道と電気はあるが、壁も屋根もボロボロ……。

屋根と壁の修繕に最低5万円

見積もりする金森氏。

私たちだけの別荘!

「演技を録画できるおっきな鏡とか映像チェックできるシアタールームとかあとレコーディングスタジオ!」

いくらかかるのよw

夢はでっかく持たないとな

こういう想像めっちゃ楽しいよな

出た!プロペラスカート!

その場で制御機構が生まれていく

タケコプターの矛盾を解決してる

ぱんつまるみえ!(みえてない)

「こんな状態でも設定の解説するんだ」

衝撃映像に売る、酷え。金森氏w

プールが職員室になってるのか?

職員室、どうみてもプールの底

事故映像は公開しないでくれよ

※公開しちゃいました。

私達、アニメが作れるんだね!

何気に駅初公開では?

遅刻厳禁である!

「では明日の放課後、部室にてアニメ制作会議を開く!」

「我々、映像研の未来を決定する重大な会議だ!遅刻厳禁である!」

鬼の居ぬ間に宴会

どこからソファーもってきた

小学生までだよね~

「タイヤの椅子を並べた秘密基地が許されるのは小学生まで。我々は高校生。つまり大人だ!ソファーは大人の証しなのだよ!」

くそ高いソファー

『300万ぐらいかな』

300万円の水崎家のソファ

ソファ売ればいいんじゃね

ソファを売って機材を買えば良いのでは…

ソファーの警備が先じゃろて!

スポンサーリンク

 

永遠に設定作ってそうだな…

まずはジャンルを決めよう

派手な受けのいいジャンル

やはり話まとめる金森氏有能

設定に走る浅草閣下と水崎氏♪
金森氏は設定を決めようと現実的。

金森氏プロデューサー向いてんね

タップ知ってるのかよ

騒がしい時はただのバカ

一度冷めると冴える浅草閣下。

電撃三人娘ってここで出てくるんだな

ライトボックス付きの机

口を滑らせてしまった

今週のしまった

バカの汚名を卍解してしまったな

金森氏くるぞ

「我々映像研は映像制作全般を主軸としており実写であれアニメであれジャンルを問わず映像を作る権利があるはずです。」

金森氏の詭弁きたああ

はい、論破

「そもそも アニ研の正式名称はアニメ文化研究会ですよね先生。」

金森氏の圧

「現在アニ研は その名のとおりアニメ研究に専念しており映像制作は全く行っておりません。」

「実態もないのに不当に権利の幅を利かせる部は迷惑千万です。それに生徒の正当な権利活動を教師が真っ当な理由もなしに制限するのならばPTAや教育委員会の…。」

金森氏、理路整然と屁理屈をこねて強硬姿勢に出た!!

金森氏かっけー

金森氏つよい

プロデューサーが優秀すぎるwww

生活圏に川がある風景いいよね

カット袋きたああああ

セル画だ!!!

アナログ時代のアニメだ

途方もない作業だな本当。

すげえ曇りまでちゃんとなってる

撮影台こんなスケール感だったの。デカイね。

やべー…このアニメやべーな……

昔はこんなことしてたんだなぁ

動画制作に必要な机や用具一式が出てきた!!

勝ったな
風呂入ってくる

タップについて熱く語るJK

描きかけの風車を発見したが、角度が付いていないから『回らない』。

あ~^いいっすね~^

アナログ作画大変です

アナログは大変だろうなぁ…

手の油で紙が曲がるのか

アニメーターの単価の話は・・・

紙をめくる動作のなめらかさよ……

めっちゃ勉強なる

すげー 理論ちゃんとやってくれるのか

うわあ、すげえ細かい話になってる

3Dならコンピュータが自動的にやってくれる部分ですね

みんなで考える。映像研の素晴らしいところ

「風車は回ってるけれども、風が見えないんじゃ」

風が見えないんじゃ

風が描けてない

リアリティの追求が面白くなってきた

本当に周る風車きたーーーーーーーーーーーーーーーーー!

想像の世界来たー!

効果音が人間の声なの好き

ビルに穴開けちゃったよw

風を遮る建物に爆弾で『風穴』を開けた!!
フィクションだから細かい事は無問題♪

フィクションだからw

水没都市はロマン

妄想パート楽しい!(*´ω`*)

おおディンギー良い動き!!

ガルガンティアで見た

想像力無限大♾だ

『回る風車』を描くんじゃなくて『風車が回る世界』を描くのか。

あー大雨になったのかw

金になってるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

テレビ採用されてるww

今週も最高やった

放送後の反応

「映像研には手を出すな!」2話、既にアニ研があるため、3人は映像部を名乗ってアニメを作ることにする。あてがわれた部室は空調すらない廃倉庫だったが、旧アニ研倉庫にはセルアニメの制作設備一式が揃っていた。直ちに手描きで1シーンを試作。なんともすごい行動力だw

ああ、素晴らしいね映像研

2話もよかった!!!

やっぱおもしれぇわ
週末の締めに最高だな!

映像研今週もよかった。円盤はよ
永久保存や

劇伴、テンポ、空気、匂い、滲み、他諸々完璧では……

オチが秀逸すぎる。
今回も楽しませていただきました

2話でもこの情報量と作画やばくね?

今回も妄想最高でした

風車回す時のあの設定とフィクションの山、こんな風に処理するんだ~。
アニメならではのアニメにしか出来ない手法。素晴らしいな!
そう、こういう『映像研』をアニメで見たかったのよ!
最高!

今週も面白かった!!!!(*^▽^*)
金森氏がカッコよかった✨
風車作画で盛り上がるのもすごい!!

めっちゃセル画教養アニメーションだった………………………………

2話。ほとんど学校内の話だったので脳内アニメ?の部分が尚更引き立つというかメリハリ的に有効だった感。

映像研手間掛かってるなー。その題材故にアニメーション妥協できないし、ホントヌルヌル。アニメーションと比較してキャストの数は非常に少ない

「映像研には手を出すな!」第2話なむ。やばい、やっぱり浅草氏が動いているのが感動的だ。たぬき顔になるのかわいい。浅草氏と水崎氏の好きなことになると暴走するのもいい。なんだこの楽しい世界は。原作の細かい説明文の出し方もいいな。ED、背景に対して歩く3人がラフなのもぴったりだ。

いいね!日曜深夜の楽しみが増えたよ。

空想の時のワクワク感半端ないな
面白かった〜!

『映像研には手を出すな!』第2話
映像研が始まった。部室や部費、道具を揃える過程で個性を発揮する3人の躍動が気持ちいい。バランスも取れているのだけれど、個々が話す内容、動作の一つひとつが気になる作品。
これからどういうアニメが作られていくのだろう。楽しみ。

アニメって奥深いしやっぱ面白いなあと思った回だった。3人の掛け合いも面白い。ワクワクするアニメだよね

映像研 は、「覇権」とか言わずに「最強」って言えばいいと思うんだ

コメント

  1. 水崎氏はスカートの下にスパッツを穿いている?影なのか?
    (浅草氏がプロペラスカートの設定を解説しつつ飛んでいる妄想のシーン)

  2. 顔の角度の話よくわかんなかったので解説求む

  3. 顔の角度のやつは高校でsinθcosθtanθって習うだろ?
    普通の感覚ならsin45°は2分の1の筈なのに実際は2分の√2だよねって話よ。

    • つまり円においては、角度を真ん中にすると高さは真ん中じゃなくてちょっと上になる