【恋は雨上がりのように】6話感想 ムキ彦のジンクス

沙雨(さう) 感想

うだるような暑さの夏休み。補習を受けるあきらは、偶然会った陸上部キャプテンのはるかと久しぶりに一緒に登校することに。部を離れたあきらとの友情の行方を確かめたいはるかだったが、話を切り出すタイミングをうかがっているうちにバスは学校に着いてしまい、2人それぞれの道へ。そして突然降り出した雨の中、あきらは立ち寄った図書館で偶然にも近藤と出会い・・・。



001
002
003
004


こっそり店長のプライベートを垣間見てしまったアキラちゃん


好きな人の好きなものに興味持つのわかるー


006
007
009






010
013015



ひさびさに漏れるかと思ったよ (漏らしてるのか



ユイちゃん本日も絶好調ですね。すき。笑


017
018





020019


021


はるかのターンか…
お互いもどかしいよなぁ

023
024
027



028
030






ヒロインがしちゃいけない顔になってる


031032



ポカリスエットのCMになってしまった

034
035
036



ぶれてるwwwwwwwwwwwwwwww




037
039040



 「知らないの?ムキ彦持ってると好きな人と仲良くなれるんだよ」

042
043



あーなんかそういうおまじない的なの懐かしいな



やっとOPの謎キーホルダーが出てきた


小学生の恋愛グッズに興味津々wwww

044
046


047
048
049









こういう女の子っぽいところも好きすぎるなあ

沼に嵌ってんぞwwwwwwwwwwww


大人力で強引に出そうとしているww



050
052


053
054



「ダブったのあげる」

055
056





陸上部という生き甲斐を喪失したあきらちゃんは店長に出会って生を取り戻したが、陸上部という繋がりであきらちゃんと繋がっていたはるかちゃんはあきらちゃんを失ったも同然なんだ……かなしい……

058059


はるかからすると陸上諦めてくすぶってるあきら見てられないんやろな…

060



061
062
063


065


066



ツインテ□ リあきらちゃん良いですね…

067
068
069



070
072


「気持ちいいだもん、走ってると耳が風の音でいっぱいになって空に溶けてるみたいになる」

073074



あ~自分の憧れだったあきらが…




そんな昔からの付き合いだったのね

075076


無邪気に笑ったぁぁぁぁぁ!!!!

スポンサーリンク

 


 「待ってーー!」

077078
079


弟が回想から弾き出されてんの笑う

シークレットだあああああ!

082084083
085


086






こんなん泣くわ…(´;ω;`)ブワッ

友情は陸上だけじゃない(意味深

ムキ彦は想い人との間だけでなく親友との間まで取り持ってくれるのか。

友情はお互いが続けたいと努力することでずっと繋がり続けるものよ

陸上ができなくなっても友情はなくならなかったか

087088090
091


092


093




099





096


 「本を探しに少し……純文学の…」

098


100


共通の趣味だとテンション上がるの分かる

102


「本ってね、一方的に進められて読むものではないんだよ」
「特に読み慣れていない人にはもしその本があっていなかったら読み進めるのが苦痛になっちゃうでしょう」
「本を嫌いになってしまう

101

「それと普段読書をしない橘さんがここに来たって事はどこかで橘さんを呼んでる本があるのかもしれないそれは今の橘さんに必要な本だよ」
「幸いここは横浜で一番大きい図書館だ、まさに本の海、見つからないものはないさ」

104


ああ~、こういう風に本を進めてくれる人、最高だわ・・・。

あ、友情。そのチョイス、素敵やぞ!


店長がロマンティックな事言ってるぅ。


店長の好きなジャンルに興味を持つあきらちゃん尊い

 「(聞き方間違えちゃったかもしれない、店長の好きな本を知りたかったのに)」

106


108
109

「本の海…って言うより本の水族館」
110


舟を編むとつながってきたな

普段はちょっと冴えないおっさんがこういう何かに詳しい一面あるのたまらんな






貰ったやつ結局付けてるの可愛い

113
114
112


115
116

「あれ…?もしかして…、いやいやいや!うぬぼれすぎか」
117





せっかく奇跡的に気づいたのに



119

「店長なにか読みますか?一緒に借りますよ」

125

「じゃあせっかくだからお言葉にあまえて…」
126


127
129
130


132133






135


何も話さない…店長どうしたんだその本は一体

「呼ばれたのは俺の方か…ちひろ」

136
137





もしかして…奥さんが書いたとか?

139


140
141
142










極力セリフを廃して仕草や視線で感情を示す演出って難しいと思うんだけど、作画レベルが高く非常に良かった回でした。

前回の押し入れの中のシーンとか今回のガチャのシーンとかセリフ無しで魅せる演出が本当に良すぎるなあ

図書館でのシーンは良かった!
店長…素敵だなぁ〜

あきらちゃんと前に陸上やってた友達との話は良かったな。ちょっとしたことで陸上がなくとも友情があることを再確認したのは良かった。ガチャポンのカプセルにメッセージを込めたのも奥ゆかしくてグッときたな。

今回も早いなあ。新展開への布石の回なんだろな。

会話が少ないのに情報量が多いし、きれいにまとめられててなんか良かった。あきらちゃんやっぱり諦めきれてないんだな。店長も本を見つけてから雰囲気変わったしどうなるんだ

画面を観てないとストーリーも心情も理解できないアニメである。アニメだからそうあるべきだけど、実際は何でもセリフで言っちゃう作品が非常に多いのだ。観てないと分からないけど、観ていればほぼ必ず理解できるというところが良い。今回は演出に優れた話数であった。

コメント