【宇宙よりも遠い場所】11話感想 しらひな尊い…今は南極に行ける程の友達がいるもんな

ドラム缶でぶっ飛ばせ! 感想

大晦日に予定されている南極と日本を繋ぐ中継のテストをしているキマリたち。モニターの向こうにはキマリの母と妹のリンの姿が映っている。そしてさらに中継の話を聞きつけた日向の友達が、ぜひ会いたいとやってきていて、日向に久しぶりと話しかける。テストも終わり、基地内にある郵便局の分室で仕事をするキマリたちだったが、日向だけは心ここにあらずといった様子で……。



003
004




005


008
009








ゴークルの部分だけ焼け残ってるのがw

「あれからずっと連絡取れなくて心配してたんだよ」

011



017



015
016


脚が攣るってのは痛いよねうん

 「あー足つったー!!ごめん後よろしく!」

013


陸上部…?ぶるんぶるん揺らしてたんですかね?

よくある、有名になったとたんにそんなに連絡も取らないのにここぞと現れる奴やな



一言二言しゃべっただけで感じる日向ちゃんの高校の人のあ、もう無理感…。


OPの時点ですでにおかしな顔になってるキマリン

018
019


ここに来るのにもいろんな手段があるのね

020
021
022



おお、ソリの飛行機この前南極の特番でみたw


飛行機は雪上ではソリで着陸しないと見事にコケる

030




028



031
032



ひなた、めずらしい。
というよりも今まで思い出さないようにしてたのかね。

ふざけんな、ふざけんな、ふざけんなぁ

033
036
037039










041


046
042


さっきのはテストだから借りにはしないぞ

047


日向他の人には闇を見せないタイプだからなぁ

048
049
050



キマリ、色の塗り間違いみたいになってる

052


053
054



病的なあすみんって珍しいw

あかん、行き遅れモードまっしぐらや

056



057


058



極道といってもどっかの酷道みたいに階段になってるわけではないから

059
060
061


062
063


066


唐突なサービスシーンなのにまた顔ネタ

067068


069
070



目指せグレートムタというキマリ

071


073
074
076






082


083084


085




077
080
081


090


091
092093



094
095
096


097
098


南極さん人のメールを見るのは反則だぞ

099
101


しらせちゃん日向にはぐいぐいいくのよな

102
103104


まあ…今が頃合いでもあるよな。
お互いに良く知り始めたころだし。


105
106


107


「大会なんだから絶対早い人が出るべきなんだって!学年とか関係ないって!」
「でも…三年生この大会で引退だし…」
「それで手を抜く方が失礼だって」

108
109


111


112


「あんた達何も言わなかったのあのバカに!」
「い、言いましたよ!空気読めって」

 

113
114115


先輩達のために手を抜く云々とかユーフォっぽい



うわぁ…クソみたいな部やな。部員ありえねぇ



117
118


要するに謝る機会を失ってしまったわけだな日向もチームメイトも

120
121

「負け犬で申し訳ない!」
122


まあどの面下げて感はあるわな

誤りたいのは自分の為ってやつかな?

火星に似ていると言われる南極の荒野

124
123


126
127
128
129


日向「何にもないからだ!」 ペンギン「お、おう・・・」

まあ、そういう覚りも必要だよな。
けどな、多分そういう所に来ちゃうと余計に考えちゃうんだよな。

130131


しらせも友達っていう存在には慣れてないんだよな…


しらせとひなたいい友達になってきたな。

133
134135





寒すぎて菌がないというより、菌を運ぶ生物が来れない方が大きい南極

138
139140




しらせはポンコツだけど一番しっかりしてるような気がするな


142
143
144


ちゃんと場所特定できるようになっている



145
146



しらひなはいいぞ って言わせてくれ

日向ちゃんが抱えてる問題はもう報瀬ちゃんの問題なんだな

ある意味、しらせも近いことされてるしなぁ…。

149



しらせはそういう仕打ちにいちいち怒ってきたからな

 「手袋をとれ!貸せ!」

150


 「手だけでいい、報瀬余計な事ばっか言ってうるさいから」

152


 「ありがとう、ごめんな」

153


南極さんがなぜ南極言われてるかを考えれば、日向の気持ちを理解したいのもわかる

154

「手だけでいいって言ってるだろ」
155


「連れて来てくれてありがとう」

156


しらせちゃんも似たような境遇だったしなぁ

こうやって気持ちを明かし合える友達がいるのって羨ましいなぁ…



そうか 日向はちゃんとここで友達ができたからな

157


158
159
160161

「はじまる前に一つだけいいですか!」
162


「悪いけどもう三宅日向に関わらないでくれませんか」
「あなた達は日向が学校辞めて辛くて苦しくて、あなた達の事恨んでると思ってたかもしれない」

163

164

「毎日部活の事思い出して泣いていると思っていたかもしれない」
165

「けど…けど…」

167


166


「けど、そんな事ないから!日向ちゃんは今私達とさいっこーに楽しくて!」
「超充実した、そこにいたら絶対できないような旅をしているの!」

168169




「日向はもうとっくに前を向いて、もうとっくに歩き出しているから!」

170
174175


「あなたたちはそのモヤモヤした気持ちを引きずって生きていきなよ! 」
「人を苦しめて傷つけたんだよ!そのくらい抱えて生きていきなよ!」
「それが人を傷つけた代償だよ!私の友達を傷つけた代償だよ!」

176


いわせてくれ しらひなは いいぞ 最高だぞ

177

「今更何よ!ざけんなよ!」
178


南極さんここまで言い切れる意志の強さが素晴らしい

179



180
181182



183

「私達もやろう!煩悩落し!」

191


184
185
186
187
188


ドラム缶でぶっ飛ばせってそういうことかタイトルw

ドラム缶ってここで使うんだな、煩悩というかモヤモヤしたものを打ち砕く意味で

しらひな?ひなしら?の関係いいな。見守ってたキマリと結月も良かった。



日向って何かあるとテンション拗れるよね……ある意味わかりやすいってか…





よりもいすごい 毎回感動しちゃう

ああ、終わった。
南極って文明的にはなにもないところだけど、いろいろな事を考えてしまう所でもあるんだろうな。
逆に雑念や喧騒がない分いろいろとね。
あと2回?ホント終わるかね…これ…。

完璧なストーリーが11話も続いた。あと2話。

189
190



次回は報瀬ちゃんのママンが遭難した場所に行くのかな?

「みんな仲良くできる」なんて実は無理なんだよという話でしたね、人間関係を捨ててしまうのも大切だと

宇宙よりも遠い場所第11話完!しらせ!よく言った!そしてキマリよく言った!結月よく守った!よかったなひなた!いつまでも過去にとらわれてるやつらはもやもやしてればいいんだよ!ひなたはもう走りだしてるんだから!

友情っていいな…南極まで行けちゃうんだぜ…

あの元友人に対してしらせの独壇場かと思ったら話を聞いたキマリと結月二人の援護射撃もきて ああこいつらはもう一生友達なんだろうなって幸せになる