【宇宙よりも遠い場所】1話感想 まだ見たことのない場所へ

青春しゃくまんえん 感想

高校に入ったら何かを始めたいと思いながらも、なかなか一歩を踏み出すことのできないまま、高校2年生になってしまった少女・玉木マリ(たまき・まり)ことキマリは、とあることをきっかけに南極を目指す少女・小淵沢報瀬(こぶちざわ・しらせ)と出会う。高校生が南極になんて行けるわけがないと言われても、絶対にあきらめようとしない報瀬の姿に心を動かされたキマリは、報瀬と共に南極を目指すことを誓う。


キターァ始まったあああああ









濡れタオル顔にかけて殺すって似たようなのが映画の西太后であったような














「それで何するの?」

「とりあえず実行しようかと思って!」
「東京?」
「まずは東京まで行ってあての無い旅にでる!」



二人であてのない旅をしたらいいよと少女終末旅行が

「したことないのずる休み?」
「めぐちゃんはあるの?」
「あるでしょ誰だって一度くらい」

「尊敬ー!!」


 「行けばいいじゃん、協力はしてあげるからさ」


旅は一人でするもんだよなわかる












「私は旅にでる」

「あての無い旅にでる」

「まだ見たことのない場所へ…」


 「何でここにいる?」

「いやー雨だし…って言うかやぱりずる休みはいけないかなーというか…」









・・・という妄想だったのさ

ああ●●ほど 一歩を踏み出せないタイプか



ここぞという時にメンタルが豆腐になる主人公

「ギリギリになると…」

「まぁそれは悪いことじゃないと思うけどな」
「でも私はそういう所嫌い…大嫌い…」





この眼鏡の子いいこすぎでしょ








駆け込み乗車はおやめください



封筒を拾ったところから運命が












ユキチ!ユキチが私の手に!

黒髪ロング美少女が100万円持ってるとかどう考えてもあれでは!?

JKが大金持って 穏やかじゃないですね








おんなじ学校のこならすぐ見つかりそうだけど

 「落としたのウチの学校の制服だったような」


「髪はあそこの子くらいで多分美人」

「後は?」
「うーん、いい匂いした」










あの女の匂いがする!(それ違う


女の子の匂いに敏感な主人公・・・これはレ〇の予感


「百万…百万円…うぅ…」


 






そりゃ100万落としたら荒れるよな

この振動 これはトイレでやってますね


倫理の本持ってトイレという構図





トリレットペーパーの芯が転がる音がリアル





わりとあっさり持ち主に出会えた















はなざーも出てきたし これ少女終末旅行だよ


まあひゃくまんえんならこうなるわな


はなざーさんポンコツヒロインか


「南極?」
「それ書いたの私のお母さん」






タイトル名が本の題名なんだ


 「私は行く、絶対に行って無理だっていった全員にざまーみろって言ってやる」



南極観光ならそんなに無理ではないと思うが・・・

とんでもな考えだけど筋は通ってる 嫌いじゃない



「小淵沢しらせか」
「めぐちゃん知ってた?」
「2組の南極って呼ばれてるあの子でしょ」
「南極?」



南極って呼ばれるの色々まずい




ノーゲームノーライフがまんまタイトルで出てきた

「結構有名だぞ」
「高校入った時から南極行く南極行くって」



図書館にもあるくらいの本なんか


なんとなく萌える宇宙兄弟って感じなのかな、このアニメ


「私の自転車なんだけど」
「ああそうなの?南極号」
「見張り代、盗まれないように見てあげてたんだよ」


「札束持ってるらしいじゃん、少し貸してくんない?」









南極号とか盛大に吹くからやめてw