【ヴィンランド・サガ】6話感想 消える感情…ヴァイキングへと




アニメヴィンランド・サガ第6話「旅の始まり」の感想と実況のまとめです。

あらすじ

アシェラッド兵団の一員として、初めて戦場に立つトルフィン。
イングランド征服を目的とした戦争の悲惨な現実を目の前に逃げ出そうとするも、父の仇アシェラッドを決闘により倒すため自ら戦火へ身を投じる。
その後、目覚ましい戦闘力を身に着けていくトルフィンだったが、ある夜、イングランド兵との戦闘で傷を負い、
海辺の村で暮らすイングランド人の母娘に命を救われる。

動画視聴

-有料-

>>Amazon Prime Video
※独占配信

放送後の反応

「ヴィンランド・サガ」6話、アシェラッド兵団はイングランドでの戦争に加勢して稼ごうとする。トルフィンは次第に目覚ましい戦闘力を身につけていく。ある夜トルフィンはイングランド兵に追われ地元の母娘に助けられるが、村は兵団に襲われる。トルフィンは無言で立ち去るほかなかった

この主人公、お父さんの言葉とはどんどん離れた道に進んでますね…

俺は人の優しさに染まってはいけないという覚悟の呼吸だったなぁ

家族で揺らぐのは分からなく
ないが結局この世界に踏み込んで
しまったからなぁ、原作読んで
ない分更に気になってしまう

しっかりと再構成されていてとても良いですね

切ないな。トルフィンはもうあの無垢な頃に戻れない。

トルフィン君の長い旅がはじまったな。

いやー今回しんどい

先週のまるごと一話と今週のAパートで空白期間を丁寧に丁寧に埋めて話が原作ラインに戻ってきた。おかげでいずれ来るあの日やあの時やあの瞬間の覚悟を今からせざるをえない。本当にまことに実にスタッフの皆様ありがとうございます。来週も心から楽しみです。

まるまる6話かけてようやく主人公の本当の旅が始まるわけで、24話終わったらその後多少年数をあけて二期の流れを今から希望しておきたい。

アシェラッドへ復讐のつもりが、人を殺していくうちに父の仇である立派なヴァイキングへとなっていくトルフィンが切なかった。きっと、初めて人を殺したときに何かが変わってしまったんだろうなぁ…。

ビョルンとアトリとトルグリムが最初からものすごく丁寧に描かれているの、後々のアシェラッドのあのセリフ考えると凄すぎる構成ですね。
トールズの死の意味が彼らには深いものじゃなく、トルフィンに対し「戦士の成長を見守る気のいいおっちゃんたち」って感じなのがまたね。

あのトルフィンが段々あのトルフィンになっていく。苦しみと辛さと悲しみを積み重ねて、あのトルフィンになっていく。誰も止められない。状況が彼を変えていく。毎回のことながらツラい物語だ。

原作では大半を割愛していた
ヴァイキング・トルフィン誕生譚は
細かい描写に気を遣われ
切なく力強く悲しく優しく描かれてました。
どうやったら伝わるだろうか
という一所懸命さがひしひしと伝わりました。
でも内容知ってるからフラットに観れない。悲しい

みんな観てくれ!

6話。終盤最後、アシェラッドに肩を叩かれたあと、母親と同じ方向からトルフィンを右から捉えて横顔、振り向かせる。視聴者とおばちゃんの視線の一致から喪失する目の光。トルフィンの進む道との直角の交差で90度異なるベクトルの予感み。

何話くらいから大きくなるんだろうな~とか思ってた矢先に一気に成長してちょっとビックリした・・・。

後半ちょっと胸が締め付けれらる回でした。

今回でついにトルフィンがMUKANJYOになってしまったんですが(OP曲最高ですよね)感情と言うよりは心が「無」になっちゃったんですよね…いや、感情って漢字にも心が含まれてますが。
ほんと復讐意外何も感情出さないって感じ…それしかなくなってしまった感じ

 子供だったトルフィンが成長して背が伸びてる。本当に海賊の後を付けて自力で生き延びてきたのか。
命を助けてくれた村人に恩をあだで返すような結果。トルフィンはそういう生き様を選び、旅をしていくのか。

トルフィンの叫びが見終わった今も耳に残ってる気がする。見てる間中、体がずっとぞわぞわしてた。トルフィンの身体の成長もそうだけど、アシェラッドに呼ばれて返事をした時に、なんてゆうか濃い時間の経過を感じた気がして印象深かった。次回も楽しみ。

まだ心はあったけど、徐々に無感情になる事で。無関心で無感動になっていく、手柄を上げてアシェラッドと決闘する事だけがトルフィンの目的で。他はどうなっても構わないし、どうでもいい。私もあの無感情になる瞬間が一番好きだし、堪らない。トルフィンの怒った顔も好き。

前回も思ったけど、結構アニメはアシェラッド(とビョルン)の「情」みたいなものを初期から描いてるのが面白いなーと思う。原作では途中まで掴み所のない人だなと思っていたけど、トルフィンに対して思う所がない訳じゃないのをアニメでは最初から描いてて、すごく興味深い。

ヴィンランド6話
原作補完のAパートから原作3巻のBパートへの繋ぎが自然で文句なし
来週7話からはいよいよ原作1巻1話が始まります
7話にして序章スタート

生きるため。果たすため。その刃が熱い血に染まるごと、トルフィンの血は冷めていくような気がして、やりきれない。けれど、それが、トルフィンの決めた、生きて果たすための覚悟だから。安くない覚悟を前に、何も言えなくなって、唇噛み締めるしかなくなる。

6話も面白かった
「旅の始まり」良い😌

今のトルフィンは、もう父の仇のアシェラッドと同じヴァイキングなんだよな。本人にはその自覚が無かったのが、これで自覚したのか。母上や姉上のように、穏やかに生きる人々の敵になってしまったんだと。

実況まとめ

ヴィンランド・サガ 始まった

ウッホーッ!気持ちイイー!

トルグリムとアトリのセリフ、すげー増えてるな

ヴァイキングにとっての雨ってそういう感じ?

すっかり暗い瞳になりましたねぇ

「おい、そんな隅っこにすわってねぇでこち来いよ」

こういう解説嬉しいな、わかりやすい

「中世デンマークに居住するデーン人のうち略奪や海賊行為を生業とする者達をヴァイキングと呼んだ」

「そんな彼らにとって豊かで広大なイングランドは常に憧れの土地であった」

「旧世紀初頭よりヴァイキング達はイングランドに侵攻しその一部がイングランドに移住するなど勢力を広げていた」

「だが西暦1002年イングランド軍が移住してきたヴァイキングを襲撃」

「この事件に対する報復としてデンマーク軍はイングランドに派兵を開始。攻撃を本格化する」

「そうした政治的な動きに伴いヴァイキングも」

「イングランド軍打倒とした征服戦争の一端を担うようになった」

今回説明入るんだ

デンマークがイギリスに攻め込むというすごい時代である

結構血を血で洗う戦いだったのね

イングランドで略奪を行う海賊を返り討ちにしたらデンマークが侵攻してくるとかめちゃくちゃだけど、意外と世の中そんなもんだしなー。

OPキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

日本語でおk

始まった⚔️トルフィンの目つきが最高

答えてみてくれよおおおおおおおお

OP良いなぁshoutすごいす

このOPは作風に合ってる気がする

トールズなら余裕なのにな船漕ぎ

イングランド中部 ゲインズバラ周辺

ゲロを吐くアニメは

トルフィンがまだまだ初々しい

今日もオリジナルなのかな

「こいつら正規兵じゃねぇよな?」
「俺らみてぇのがデンマーク軍に雇われてんだろ」

「ヴァイキングが戦争に手かしてんのか?」
「あちこちでイングランド軍との小競り合いが始まってるからな。ヴァイキングも立派な戦争の道具だよ」

「邪魔な連中を片付けちまおうってわけか王様の上陸前に」

「そこに手をかしゃあ、報酬もがっぽりだ」

相変わらず飯美味そうだよなぁ

クルミ割って食ってる

男たちの交渉が渋いです

罪のない馬さんが・・・

ケツに刺さったwwwwwwwwwwwwwwwwwww

せっかく楽しくキャンプしてたのに

海賊やっぱり強い…そしてやり方が怖い

あー、戦闘が生々しい

夜襲はいつでも有効である。

トルフィンやるの?!!!!

ほら戦果立てんだよ

子供にも容赦なし!!!

斬れないトルフィンが初々しい

恨むならデーン人の血を恨むんだな。

いきなりピンチやん

アシェラッド!?

助けてくれた

「わりぃわりぃ生きてっか?」
「戦場じゃ弱い奴から死んでいく」

「オメェみてぇにな」

ちょっと刺さりましたけど?!

それでも助けてはくれるんだな

トルフィンくんできるかな

体格差もあるし厳しいよなぁ…

トルフィン、、ついに、、

子供に負けちまったぜ……

子どもがグサグサしてる…

トルフィンの叫び声が生々しい

遂にやってしまった

恐ろしい時代ですね…

もう後戻りできねえ…

\( ‘ω’)/ウオオオオオアアアーーーーッ!!!

スポンサーリンク

 

容赦ないバイオレンス描写

こうして、トルフィンはトルフィンは

めっちゃ強くなってる

髪伸びてきた、原作にそろそろいくか

これはいい繋ぎ方

トルフィンくんやべえ才能が開花している

背中を守れるようにもなった

あっという間に戦場に馴染んでる

成長してもうた

「おうトルフィンちょっくら斥候にでてくんねぇかな」

「ああ?なんで俺が?」

だいぶやさぐれてない?w

すっかりグレてしまって…

2対1でも勝てるようになった

短剣づかいだからアサシンっぽいバトルスタイルに

やはりトールズの子だねぇ、トルフィン。血は争えないか

ついにイッヌ2ひきで追撃されとうトルフィンくん

イッヌにも容赦なし

ここでついに3巻につながったか

「しかしちょっとバカなんじゃないかねぇ今の王様は」
「母ちゃんそんなこと大声で」

あ、原作17話!!??

エセルレッド様は台無し

イーストアングリア

何年ぶりのベッドか。

今度はかわいいワンちゃん

このアニメ動物がかわええなw

言葉通じるのか?

人が来ると目が座るトルフィン少年。

やさぐれ顔が開花してまあ…

腹減ってんだろ?

食べてるトルフィン可愛い好き

強い母ちゃんだ…

「やっぱり言葉通じてないんだよ!で、デーン人かな?」

「何が言いたいのさ、何人だろうと怪我して倒れてる子供をほおっておくなんてイエス様がお許しにならないよ」

きったねえwwwww

さらっさらになってる

すまねぇ、アンタの言葉はさっぱりなんだ

死んだ息子を重ねて見てるから好意的なのかね・・・。

かばっちゃってよかったのか

肝の座ったBBAだ

「何やってるかわかってるの?あの子は海賊なんだよ!なんでかくまったりするのよ!」

「子供が海賊なんて普通じゃないよ何か事情があるんだろ」

かーちゃん、ホントねぇ。。良い人過ぎるんですよ。。

逃げろ?

「ニ…ニゲロ…」

たどたどしいセリフも可愛い好き

イングランド語喋ったのか

その子はジョンじゃないのですよ・・・。

トルフィンもトルフィンで、母上と姉上を重ねて見てたのだろうか・・・。

攻めてくるから逃げろって言ったの?

やばいやん
助けた海賊に略奪されるやん

悲しいな・・・

子供がしていい顔ではないな…

見られたくない人に見られてしまった

言葉が違うっていう描写
伝わりづらいな

「なんで来たんだよアンタ!逃げろって言っただろ!イングランド語でちゃんと!」

「まだ間に合う!森の中へ逃げろ海から遠くへ行くんだ!」

アシェラッドおじさんきた

すっかり一人前のヴァイキングになってしまったね

おばちゃん……

家族を想い出してる…

トルフィンはいつのまにか忘れていた。

ここで家族思い出すか・・・

トルフィンの表情の変化がすごい。あー、無表情になるトルフィンをアニメで見たかったんだよ!

どんどん心が冷めてゆく…凍てついてゆく

一瞬で略奪者の顔に戻ってしまった。

心を無くしていくんだ…苦しくならないために…

もう引き返せないんだよ

このシーンにこの音楽・・・。切ないなぁ

無感情にならないと生きていけない世界

めっちゃおもしろいです……。

髪をといてもらった櫛がさぁ

こうやっていろんなものを捨てていくトルフィン…ツラい…

トルフィンを匿わなかったとしても襲撃はあったろうしどうしようもないが、割り切るきっかけにはなるわな

順調にトルフィンが壊れていっとる…

 

なかなかに後味の悪い回でしたが本当に面白い。アニメ終わったら原作読んでみよう。

コメント