【ヴィンランド・サガ】18話感想 戦士と愛二つの問い




アニメヴィンランド・サガ第18話「ゆりかごの外」の感想と実況のまとめです。

2週間ぶりのヴィンランドサガだよ!

OPのところだ

当たらなければどうということは

トルケルVSトルフィン!!!!

やっと続きキターーー!

大将に一撃入れた

トルケル嬉しそうで何より

「ウム! オレの斧を恐れないか。度胸はまずまず。そのへんはトールズゆずりだな。」

「デカブツてめぇ… 父上のなんなんだ?」

「ん? お前 なんも聞いてないの?あいつも薄情だなァ。」

煽るじゃんw

「聞きたかったらなもう少しオレを楽しませることだぜ。」

「楽しませてやってもいいけどな。口が利ける程度に手加減すんのは難しいぜ」

きゃー、トルフィンかっこいー!

ヒエッ

「おかしいか?トルフィンは俺の認めた戦士だ。笑うな。」

マジモードトルケル

仲間にも容赦ないトルケルさん。

悪ノリしないの最高にカッケェ…

認めた戦士を笑われたくないのな

この世で最も厳しい笑ってはいけない24時

トールズはオレより強かった!

トルケルおじさん一騎討ち楽しそうね

トルケルより強いトールズすごくない?!

OPキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

作画本当綺麗

OP徐々にテンション上がる感じ好き

MAN WITH A MISSION

かっこいいオープニング!

アシェラッド久しぶり

ヒロイン枠になったアシェラッドさん

ゆりかごの外

「近くで… 戦の声がする…。ああ もういいかげんにしてくれ…。」

獣の咆哮が

「他にすることはないのか?」

ビョルン孤軍奮闘

バーサクビョルンまじ猛獣。

王子まだ倒れてるやんw

「静かにしてくれ…目を開けたくないんだ…このまま寝ていたい…。このまま ずっと…」

寝てたい…わかる!!!!

それ俺の台詞

ラグナルさん久しぶり

夢の中でラグナルさん。゚(゚´Д`゚)゚。

「ラグナル!お前生きて…」
夢だと気づいた

ラグナルは死んだ!もういない!

別れを言いに来た

クヌートが殻を破りそうな予感がする

教育係として失格でした…

「何がいけないのだ!お前は父王陛下より僕自身の望みを汲んでくれた!」

かわいいショタ殿下!!

優しい少年に育てちゃった

ラグナルさんは優しすぎたのだ

「王家になど生まれたくなかった…。お前の子に…。僕はっ!お前の子に生まれていたらどんなに…よかったかと…。」

生まれが村人くらいならよかったんだけどね

君主の意向より本人のため…

ラグナルさんは良い父ちゃんではあったのだが…

もらい泣きしてしまう…

「失って識ることがございます。あなた様はすでにお気づきでしょう。ラグナル…。私めのことは夢でございます。」

「戻れ!!」

「お健やかに 殿下…。」

ここの別れめちゃ悲しいな

最後の最後に報われて良かったねラグナル

ビョルンww

つっよwwwwwwwwwww

まさに夢から現実へ

いたのか神父!!

こんなときまで飲んでんじゃねえ

酒飲み神父、淡々と

「もう、この地上に私を愛してくれる者はいなくなった。」

「それは大いなる悟りです。」

描き込みが良いなぁ

何故そこで愛ッ!

「だが惜しい。ラグナル殿のあなたへの思いは愛ですか?彼はあなたの安全のために62人の善良な村人を見ごろしにした。」

「殿下 愛とはなんですか?」

ここ深いシーン

今期は愛とか正義とか

死屍累々やないですか…

 

アシェラッド軍全滅。

まだ戦ってる

トルフィンめちゃくちゃ頑張ってる

傷つけてる!!!!

お、傷をつけたのか

普通じゃダメですか!!!!

「確かに強いがお前の剣はなんかこー…フツ~ってカンジ?戦士として完成するには何かが足りない。」

何かが足りない

煽るスタイル

「なら、そいつ相手にコテンパンのてめェはなんなんだよ」

「そうさ オレにも足りない。トールズの子のお前からならそれを学べると思ってたんだが。」

「なァ、トルフィンよ。お前はどう思う。本当の戦士ってなんだ?」

はっ!!!!!!!!!!!!!!!!!

武器はいらないってやつか

ここで父の教えを再認すると

さっきの「愛とは、何ですか」と対比してるんだな

「愛とはなにか、だと?ラグナルは私を愛していなかったというのか?」

「はい。」

スポンサーリンク

 

「ならば問うのは私のほうだ。ラグナルに愛がないのなら正しく愛を体現できる者はどこにいるのだ。」

神父の名台詞シーン、来た。

「そこに居ますよ。ホラ。彼は死んでどんな生者よりも美しくなった。」

「彼はこのまま ここに打ち捨てられその肉を 獣や虫に惜しみなく与えるでしょう。雨風にさらされるがままそれで一言半句の文句も言いません。」

「死は…人間を完成させるのです。」

このくだり本当に好き

死をもって、愛となる?

ええ…ちょっとわからないよその愛…

愛の本質は、死というのは、犠牲によって完成するキリスト教らしいところですよね

トルフィンくん……

「わからんか…まァ気にすんなよ。そんなには期待してなかった。」

トルケル煽るね

シーン切り替え、良いな。

深い…

「愛の本質が…死だというのか。」

「ならば親が子を…夫婦が互いをラグナルが私を大切に思う気持ちは一体なんだ?」

「差別です。」

辛辣な神父

「王にへつらい奴隷に鞭打つこととたいして変わりません。」

「ラグナル殿にとって 王子殿下は他の誰よりも大切な人だったのです。おそらく彼自身の命よりも…。」

「彼のあなたに対する心弱い思いは…差別です」

差別かぁ深いな…

なんか神父が神父らしいこと言ってる…

差別 そうか 千差万別 の方の意味合いの方か

ここ、ホント大事。

クヌート覚醒

「そうか…。わかってきた…。」

「まるで霧が晴れていくようだ…。」

アクションすごいな

スタイリッシュ神回避

この雪が愛

「この雪が…愛なのだな…。」

「吹きゆく風が…木々が… 山々が…!なのに…。」

作画良いなぁ

悟っていく殿下

「世界が…神の御技がこんなにも美しいというのに…。」

「人間の心には…愛がないのか。」

雪の表現綺麗だな。。。。

そう考えると虚しいな

哲学的になってきた。

禁断の果実を

「私たちがこのような生き物になってしまったのは…」

「遠い祖先が神に背き罪を犯したせいだといわれています。」

「私たちは楽園から追放されたのです。」

ぶしゃー!!!!

蹴っ飛ばされた

飛びすぎぃ!

馬鹿力過ぎる

蹴り一発wwwwww

枝がクッションになった

ヴィンランド・サガは全話納品してるから万策は尽きないよ

(いよいよ万策尽きたときに使える画像)

キノコパワーすごすぎる

弁慶みたいになってるビョルンさん

バーサーカーじゃん

おっと??

「あの者は正気を失っている。殿下お逃げになったほうがよいでしょう。」

「正気?正気の人間がこの世のどこにいるのだ。」

クヌート殿下覚醒の時か…

ビョルン…

「智を得てかわりに失ったもの…最も大切なもの…そしてそれは生ある限り私たちの手には入らぬもの」

王子かっこいい!

気圧されてる

「手には入らぬ。それでも…それでも追い求めよというのか!天の父よ!」

本能で引いてそう

キリスト教をクヌートが見限った

「天の父よ!あなたの与える試練ではこの者の魂は救えぬ!!」

クヌートやべぇカッコいいな

どうどう!!ビョルン!ステイだ!!!

表情の変わりようがすげぇ…

「父よ…もはやあなたの救いは求めぬ。」

「あなたが与えてくれぬなら我々の手でこの地上に再びの楽園を…!」

すごいな悟りを開く事で決別した。

新世界の神になる的ルート

お前が神になるんだよ!

正気に戻った!!

殿下が自ら動くだと!?

現実的な判断

「殿下…私は奇跡を見ました」

王子の空気が急に変わったな

ビョルンやられ損

「テメェがトルケルに捕まっちまったら 意味ねーんだよッ!!」

「意味?意味だと?そなたたちの戦いのか?」

「こんな戦いに意味などない。だからもう死ぬな。」

王子かっけぇ

「戦士たちよ 私の家臣になれ。戦わねばならぬ時と相手を 教えてやろう。」

「そなたたちの戦いに 生と死に意味を与えてやろう。」

「それが王の務めだ。」

クヌート、『王』になったか

これは大王の器ですわ

この覚醒をアシェラッドが待っていたのか

覚醒クヌートやばいな

ずっとヒロインだったクヌート殿下が王へ覚醒してしまった

今回は、一言一言が深くて難しい…

日曜の楽しみ。放送が待ち遠しかった。

みんなの感想

  1. 名無しさん@アニメ好き より:

    この作品の原点にして発火点。
    神回とはかくあるべし

  2. 名無しさん@アニメ好き より:

    そしていよいよ、ヴィンランドへという展開かな?原作読んでないけど。

  3. 名無しさん@アニメ好き より:

    誤解しやすいけど、「愛の本質が死」というのは
    神父の考える愛を生身の人間が体現しようとすると、結果的に死なざるを得ないということだよね
    キリストが全ての人の罪を背負って十字架にかけられたように

    生きている限り愛は実現できないから神を疑うという神父と、
    そこからもう一歩進めて、だったらそんな神は信じない、自分が神の代わりになって楽園を作る、と踏み出したのが王子

  4. 名無しさん@アニメ好き より:

    神(に手のひらを返す)回

  5. 名無しさん@アニメ好き より:

    神回ならぬ王の回。
    原作のこの話を読んでから、シャルルマーニュやアルフレッド大王もこんな威厳を感じさせる王様だったのかなって思いを馳せる時がある。王よ、ついていきます!な感じで。

  6. 名無しさん@アニメ好き より:

    この回の愛の解釈はとても好き
    自分は神父側の諦観だが

    来週も楽しみだ