【ロード・エルメロイII世の事件簿】7話感想 過去への未練、ウェイバーのちっぽけな拘り




アニメロード・エルメロイII世の事件簿第7話「魔眼蒐集列車1/6 汽笛と第一の殺人」の感想と実況のまとめです。

動画視聴

-無料-

>>Abematv
※毎週土曜24:00~

放送後の反応

「ロードエルメロイII世の事件簿」7話、ロード、グレイ、カウレスは魔眼蒐集列車へ。法政科の化野菱理、エルメロイ教室のイヴェット、天体科ロードの令嬢オルガマリーと従者トリシャ、聖堂教会のカラボー・フランプトンなどがいる。まずトリシャが殺される

オルガマリーさんの家庭教師さん……死んじゃった
未来視で自分の死は視れなかったのかな

メタ的にも未来視とか真っ先に潰しておきたい能力よな…

オルガマリーは怯えるのが宿命なのかな….?

所長は昔から不憫やったんやな

いや………………片想いがすぎる…ウェイバーちゃん………………つれえ

セイバーの例もあるし覚えてそうなもんやけどな

自分とともに駆けたライダーじゃなくてもいいからもう一度会いたいっていうウェイバーの思いが愛おし過ぎる。

サーヴァントは前の召喚の記憶を持たない(事件簿の直後に第四次の記憶を持って召喚されるアルトリア)(ジナコのことを記憶に留めるカルナ)(FGOでありすの姿で現界するナーサリーライム)

カルナみたいに記憶の断片が残ってたり神もしくは近しい力を持つサーヴァントなら覚えてることもあるけど基本的には記憶ないよね

グレイちゃんがそう言ってもロードの想い人はムキムキのオッサンで(ry

もし、もう一度、かの王の隣に立てたなら、

成長した自分は、
彼にふさわしい魔術師になれたのか…

たとえ、英霊があの戦いの記憶を持っていなくとも、

確かめたいと思う

なんか思っていたよりも普通にミステリーっぽい。

原作読んでるから展開は知ってるけどヒヤヒヤしてしまう

バーカウンターのシーン、切なかった…… グラスに映った姿にエルメロイⅡ世の内面が表れていましたね

いい感じでオリジナル絡めつつ、原作の難しいところも丁寧に映像化。
今回も面白かった。

エルメロイⅡ世にとってのけじめの10年。
かの英霊を思う時の表情と声から読み取れます感情は、確かにウェイバーその人にありて。

事件簿7話みたよー。ついに始まった魔眼蒐集列車。おされトレインすこ。グレイたんコート新調したのかな!?フードの色味も変わったりとちょこちょこ変更点が。因みにトリシャさんは2話のファーゴ家のくだりでライネスに相談に来てたアニムスフィア家の使いなのであった。来週も楽しみ

カラボー・フランプトン氏。私的にあまりよく存じ上げないのですが、時計塔敵対勢力の聖堂教会所属にて、某カレー中毒な先輩のように代行者であるかは分かりませんが、(本人の意思は別として)ランク「宝石」の過去視の魔眼(測定寄り)持ち。

前回の記憶持ってるサーヴァントってかなりイレギュラーなんだよなぁ
ガチ神性のタマモとか
青王はカムランの丘で死に絶える前だから記憶がっつりあるんだよね

「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」第7話。魔眼蒐集列車に乗り込んだエルメロイII世を待ち受ける怪事件、そして外界で繰り広げられる〝聖遺物〝盗難事件の調査…様々な関係者が絡んでくるこの本編の為にこれまでのオリジナル回があったのだとしたら良くできた構成なのです。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 7話
ようやく始まった本編。で早速、最初の殺人事件が発生という展開。これまでのフリを活かしつつも物語が一気にアガサ・クリスティワールトへ入り込んだ印象。さて誰が1番怪しいかね… ただ、またプレゼントを渡す機会を逸っしたグレイには純粋に同情。

エルメロイII世の事件簿7話、いよいよ本編スタート。オルガマリーを始めとする曲者が集まった魔眼蒐集列車、何も起きない筈がなく早速殺人事件が。未来が見える魔眼なんて、ミステリーものには必要ありません(キリッ)。列車外でも調査開始。獅子劫とルヴィアのコンビはなかなか楽しみ。

実況まとめ

ロード・エルメロイII世の事件簿-魔眼蒐集列車、始まった

出グレイちゃん!

霧立ち込める駅構内

あ、カウレスがいる!

フラットとスヴィンは課外授業になってんのか

フラットとスヴィンくん連れてくるとグレイたんが…

準レギュラーを差し置いて登場。なんかフラグに思えて仕方がない

やっとタイトルのエピソードに

胡散臭い奴しかいないw

ヤバそうな見た目の奴しかいねぇや

なんか女体化エミヤみたいなのが

魔眼殺しのメガネ?

魔眼を漏らさず、魔眼から目を守る

2世がかけているのは魔眼を防ぐ眼鏡です。

志貴もしてたメガネ

魔眼殺しのメガネ、そういうのもあったわね

天体科のロードの娘

ロリガマリー所長!

オルガマリーさん!
FGOでは散々な最期だったオルガマリーさんじゃないか!

強気なのはこの頃から

いきなりマウント取りに来たぞ

強気なお嬢様良いですよ

すげー髪だな

また歌詞変わってる

ここの歌詞がよいよねー

お前らには何が聞こえているんだ…

はあああああほんとOP好き

なんか象いたぞw

なんだこのロリ!?

怪しいビジュアルなやつしかいねえわ

この列車こそが異界

列車自体が異界なのか

そこに座るのかよwwww

聖堂教会きた

「カラボーフランプトン、聖堂教会の者だ」

カラボーさんーーーーーーーーーー!!!!!!

教会!?愉悦部!?

なんで教会側も居るんですかね

協会と時計塔は仲が悪いなんてレベルじゃないので。

聖堂教会がレール・ツェッペリンに!?

曲者ぞろいの列車だこと

お前もおんのかい!

いい感じにうぜーぜ!イヴェット!

よーし黙ってろお前www

イヴェットちゃん空気ぶち壊し可愛い

ライダーさんみたいなマスク!?

「皆様歓談中の所失礼します。当車のオークショナーを務めさせていただくレアンドラと申します。」
「同じく車掌のロダンです」

「これより定刻通りレールツェッペリン発車でございます」

オークションまで3日あるのか

グレイちゃんとロード、同部屋ですか????

「寝かせてくれ」

睡眠の重要性!

というか、原作より人増えてない?

まだ出番あったのか。

意外な二人だな

電気盗まれてた喫茶店か

盗まれたのは征服王イスカンダルのマント

必要なのは実行犯の手がかりだ

あー調査依頼か

あ~なるほど、そのためか

裏で調査してたのか。

身内が一番疑わしい

助手はルヴィア

助手(プロレスラー)

ルヴィアが助手……助手で収まる?

物騒な助手(但し超有能)がきたよ

やべー組み合わせで草

すごいコンビが誕生した!!

内弟子さーん、こっちこっち

グレイたんかわわ

皿が消えたり湧いたり

魔眼収集列車すごー

みのむし状態

先生かわいすぎかよ

あとごふん、の声がウェイバーみあって可愛い

反応が鈍いグレイたん

解ってないグレイたんかわいい

動じないってかわかってないだけやん?

イヴェットちゃんの魔眼登場

右目そうなってるのか

グレイの方に座るw

華麗にスルー

スポンサーリンク

 

信頼と人徳の差w

フリー枠用の招待状

招待者、未だ不明

フリー枠なんてあるのか…
「わりと配られてるんですよね」
十数枚あるらしい

招待状結構撒いてるね

自習の課題www

「この列車のことならカウレス君じゃなくてあたしに聞いてくれればよかったのに」

「なぜそうしなかったかは自習の課題とする」

ひっどーい!

机ポコポコかわいい

ここにきてまで課題が出るとはね

化野=サンがみてる。

列車に蛇持ち込んでいいのか

また何か企んでるのか?化野菱理

貨物室に呼び出された

オルガマリーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

聖杯戦争のこと

前所長、聖杯戦争について語る

聖杯戦争のことならなんでも知りたい

グレイが本当に辛い顔してる

「大地を見つめることも同じ星の観察」

『ここだって星の一欠片』、すげえ、アニムスフィアっぽい!

天体科は、基本的に高いところから出てこない引きこもりって認識だもんな

オルガマリーにも感動したけど、秘書さんの美しさにも感動した!

「私達はあなたが聖杯戦争の武器として魔眼を買い付けに来たと判断しています。違いますか?」

「当たらずといえども、という所ですな」

まさに目玉

「私が欲しいのは今回のオークションの目玉商品、虹の魔眼よ」

魔眼にはランクがある

虹、ヤバイですよ
stay nightのライダーの魔眼よりレベル上ですよ

うわっ…私の年収、低すぎ…?

グレイたんがゲロインになるのか!?

ナイスタイミング

ここで吐かない拙ちゃん偉いですね〜

少女漫画の様な華麗な受け止め方

よろけた拍子に吐くやろ(乗り物酔いガチ勢)

未来視の魔眼か

「私は虹の魔眼が出品されるところを視たのです」

未来予知の魔眼はつえーな

オルガマリーちゃんかわいい

ひとまず話は承った

虹ランクの魔眼すら売り買いしてるのか…。

化野=サン、暗躍中。

裏で動きあってますねえ

ただの乗り物酔いなのか?

グレイたん大丈夫?

顔恐いおじさん

顔に似合わず優すぃ~

魔術的な線路を走っている

霊脈の上を走る列車

お爺ちゃん優しい!

アーサーっぽいビジョンが

なんか空腹王の後ろ姿が見えた…

泡沫の魔眼の表現いいわ

この人は過去視か

バレちまったか。グレイの正体が

この人いい人じゃん

「おっしゃる通り拙は魔術師ではありません。師匠の内弟子といっても名ばかりです」

「だから自分がロードの役にたてるかどうか不安なんだね」

「大丈夫、君はとっくに彼に必要な人間だとも俺が保証する」

「それも魔術ですか?」

「いいや、人生経験というやつだよ」

優しいじいちゃん……

外道神父と違ってこのおじさん神父いい人そう?

人生経験という名の魔術

なんだこのおっさん…かっけぇ…

グレイたんはロードに必要だよ!!

そしてカラボーさんマジでいい人や…すこ…

メガネ&メガネ

調べあげられてるぅ

グラスにウェイバーとは

生還したんだよなぁ

「聖杯戦争から生還」出来るって事自体が割とおかしい話なんだよなぁ。
勝者でもない限り。

名ばかりのロード

上手い演出。

かつての英雄との出会い・・・

そりゃもうウェイバーにとっての最大の人生の転機だよな

記憶はリセットされるのでは問題

ふつう、サーヴァントは記憶を持ち越さない

青セイバー「せやろか」

情報を取り入れることは魔術の根本

故に人は思い出に、情報に支配される

囚われてるな、ロード

人間は『視た』ものに永遠に囚われる・・・

それ現代のネット民じゃんwww

本人に隠すつもりがあまりないとはいえ、一途に想い続けている相手がまわりにガンガンばれていくエルメロイⅡ世おもしろい…

ご忠告イタミール

トリシャってスペック高いよな
属性希少なアレだし

グレイちゃん…

お前も酔ってんのかい

あ、英霊の記憶について触れるのか…

「私と聖杯戦争について何か聞いていたのかね?」

「いいえ…いいえ…でもそんな…」

「サーヴァントは前の召喚の記憶を持ち合わせないか。さっきの話などずっと前から心得ている」

「でも師匠、思い入れた相手がいるならその相手に覚えていて欲しいと思うのは当然じゃないでしょうか?」

「そうだな私も別に忘れられても構わないと思っているわけじゃない」

「ただそれで会いたい相手はいる。確かめたい事はある。この十年のその先に歩くために」

「終わらせておきたいケジメがある」

「ただそれだけのちっぽけなこだわりなんだ」

なんか自分に言い聞かせてるような?

イスカンダル大好きおじさん

ウェイバーくんのけじめ

まだあの日から動けていないんだな・・・

過去への未練。かぁ

征服王なら割りと覚えてそう

「キャー!!」
悲鳴!

タイミングぅ!

また渡しそびれた…

事件簿アニメっぽい

し、死んでる!

貴重な頭部が

うわぁ頭ごと魔眼持ってかれた???

鬼殺隊の仕業じゃね?

所長はどこの世界線でも絶望してる…

オルガマリー所長はいくら曇らせてもお釣りがくる人だからな(白目)

旅立ちの汽笛と第一の殺人

6話構成なのか(今気づいた

ミステリーらしくなってきた

今週もあっという間だった。

めっちゃ面白いなぁ

みんなの感想

  1. 名無しさん@アニメ好き より:

    サーヴァントの記憶の持ち越しについて、少し説明する
    まずサーヴァントは基本的に「英霊の座」にいる本体の分身
    サーヴァントの経験や記憶は「英霊の座」の本体には伝わるがサーヴァントは再召喚の度に別の分身が生み出される
    いわば同一人物でありながら、実質、別個体であるため前の召喚の記憶を持たず生前の記憶だけを持つ

    アルトリアは他のサーヴァントと仕組みが違う
    アルトリアは死ぬ直前に聖杯を手に入れるという守護者契約で英霊になった
    まだ生きてるから前の召喚の記憶の持ち越しができる

    原作のロード・エルメロイ二世の事件簿で、サーヴァントが他の召喚時の記憶を持ち越せる条件として
    「通常の世界から隔絶された特異点や固有結界のような特殊な空間でなら本体の記憶を持って召喚されるかもしれない」と説明されている

    Fate/EXTRAシリーズはムーンセルが作り出した霊子虚構世界セラフが、この特殊な空間に該当する
    Fate/Grand Orderは人理焼却によって特異点が発生してる
    この二作では、サーヴァントが他の召喚での記憶を持ち越してる事がある

    • 名無しさん@アニメ好き より:

      サーヴァントの記憶継承云々に関しては、最初の人が書いてくれた特例以外には
      そのサーヴァント生(?)の中で凄く忘れがたい経験をしていると、別の召喚の時に「この事は覚えていけ!」って持たされる場合は一応ある
      生々しい自身の体験記憶としておぼているのか、別の自分がやった事の記録として知識として持っていくのかはちょっとおぼえてないけど
      聖杯大戦で召喚されたゴーレム使いのキャスターがこれで、「人々を救う救世主を生み出すためにゴーレム作る」が目的だったはずなのに、「ゴーレムを作りたいがために子供を犠牲にしてしまった自分の浅ましさ」にめっちゃ後悔している。犠牲にした相手の顔も名前もわからないけれどその事実だけはその後の召喚ではずっとついて周る(英霊の座に過去も未来もないんだけど、因果の関係上聖杯大戦で召喚される時は持っていけないのだろう)
      FGOで詳しく語られた話だけど、設定自体はアポクリファの原作小説にある設定資料的なものから存在しているらしいから、人理焼却みたいな特殊状況以外でも起きるみたい
      だからイスカンダルがウェイバーとの日々を忘れがたい大切なものだと思っていたら、再召喚された本人としては初対面だけど、いつかどこかの自分が家臣にした男だな、って認識はできる、かもしれない。多分イスカンダルだといい意味でそこまで固執しなさそうだから難しいと思うけど

    • 名無しさん@アニメ好き より:

      劇場版HFの第1章でもイリヤがセイバーに「アインツベルンって覚えてる?」と尋ねてから、「サーヴァントが覚えてるわけないわね」と、すぐに撤回するシーンがあったな

  2. 名無しさん@アニメ好き より:

    レールツェッペリンのくせにプロペラがついてないやん

  3. 名無しさん@アニメ好き より:

    未来視の魔眼は「予測」と「測定」の二種類がある
    「予測」は高い可能性で起きるけど変える事も変わる事も有り得る未来を見る
    「測定」は確定された未来を見る どう行動すれば、その確定された未来が生まれるかまで含めて見通せる強力な魔眼
    詳しくは、「空の境界 未来福音」にて

    トリシャは見た未来(グレイが倒れる)を変える事が可能だった事から「予測」の未来視であったとわかる

  4. 名無しさん@アニメ好き より:

    二世は基本的にモテるし一応はロードでもあるから関係を持ちたい女性は多いけど魔術回路がゴミだから結婚したいって女性はいないんだっけか
    だから愛人志望か
    ある意味、魔術師らしい爛れた世界だな

    • 名無しさん@アニメ好 より:

      あ、そういうことなのね笑
      本妻はグレイたそだからとかってわけでは無いのか笑

  5. 名無しさん@アニメ好 より:

    面白い!今期ぶっちぎりで楽しみなアニメ‼︎