【メルヘン・メドヘン】5話感想 葉月ちゃんの決意

さよなら、私の魔法 感想

原書との契約を打ち切り記憶を消す薬を受け取った葉月は魔法学園を去る。そんな葉月の前に現れた学園長が語る、ある一人のメドヘンの昔話とは・・・。葉月抜きで諸国連合との最終予選に挑む決意をした静、有子、舞。決戦の時はクリスマス、逃げることをやめた葉月は静のもとへと急ぐ。走れ葉月!


001
002
003





クスリで契約解除するんですか




葉月「終わった!メルヘンメドヘン完!」


004


005
007006



ラブコメラノベは主人公が鈍感でないと成立しない説

009




服を買いに行く服もないし買いに行く服もないし


というわけでせっかくですが遠慮させていただきます


012



男の傷は、男で癒すしかない(薄い本


怪しい人たちキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

015
016
017





シンデレラの封印が終わりました

018




学園長が分身してるwwwwww

019021






学園長三人いるとかどこの影分身ですかw

023
024








026
027


鍵村さんは全てお忘れになったのですから


鶴の恩返しの人すごい立場微妙だよなぁ葉月が戻ってきたら即リストラされそうだし・・・


029
030


031


032


035


036
037



クスリを飲まずに戻ってたのか

さすがに妖しいおクスリに手出しづらいですもんね


038


他でもないシンデレラに選ばれた君に聞いてほしい話だ

041
043
044


魔法学園が舞台、魔法戦争・・・



勝てば望みが手に入る設定だったなヘクセンナハト


きっとその子はシンデレラの原書使いだったんですね


学園長の言ってた先代シンデレラ使いが誰なのかが鍵というか、出番あるのだろうか

そのシンデレラってママンとかだったりすんの?

046



047




本来の力を発揮すれば負けることはないだろう


048


完全にリツ子さん状態である学園長



049



050


051


そうか覚えといてやるよシンデレラの身代わりさん

053



 「現存する最古にして最強の原書かぐや姫」

スポンサーリンク

 

054


あの時私が全力出し切ったと思ってるんだー!おめでたい!

056



諸国連合ってそもそもどの国の合同なんだという問題

057
058
059





・・・って、ただのバトルルール設定魔法かよ>ヘクセンナハト



061


062
063




064


066



065068


069
070


071072


私やっぱりクリパには行けない!

073


075





事情をまったく理解してないけど、気持ちはわかってるんですよね母と姉

078


あありがとう!お姉ちゃん!お母さんも!

080081




シンデレラだから靴忘れてるのか


私の物語は私が作らなくちゃいけないんだ!

083


084


086


088



私を静ちゃんのところに行かせて!

その言葉を待っていたぞ鍵村葉月!



091

「おっと私としたことがチーム登録から葉月くんの名前を削除するのを忘れていた」
092




098
099


学園長あんたどこの王位争奪戦のロビンマスクやw>実は登録してました

数合わせちゃんが足を引っ張ってる

095


096




学園長できる人だったという結論が

100
102
103


わあああああああああああああああああ

106
108
109
110







恐ろしく遠回りしてようやくやる気になったけど、代理で出た挙句あっさりやられてる鶴の恩返しの子が不憫すぎる・・・

鶴の恩返しさんの精一杯のアピールしかと受け取った

5話見た。前回のヒキから予想できるならば流れではあったけど演出が良かったのか正直結構感動した(´;ω;`) うまく交流できてなかった「家族」との温かな交流や学園長の過去、そしてあの「決意」、いやー王道ってやっぱ最高だ。葉月ちゃんがんばれヾ(*´∀`*)ノ

まぁようやく自分の物語を見出そうと動き出した葉月であったが、それはいいとして主人公覚醒までに全体尺の半分を割くって、それ時間かけ過ぎなのでは…。やはり1話で謎放置したしわ寄せが。

諸国連合って酒呑童子、長靴を履いた猫、ハーメルンのバイオリン弾きという組み合わせからして三人の国籍どこかわかんないんだよなぁ・・・

てかこれどっちに転んでも鶴の子の立場がないのですが…。日本校が負ければ鶴のせい、勝ったらキミなんでここにいるの?ってなるからさ。そこのアフターフォローなかったら鶴の子トラウマものだぞ。

コメント