【ブラッククローバー】10話感想 チームワークの勝利だな

護る者 感想

ノエルの新たな魔法でヒースの攻撃を防ぐもののヒースの猛攻におされはじめる。
そんな中アスタが飛び出しヒースに一撃を加えるも倒すまでには至らなかった。
相性では勝るものの魔力差に諦めかけたマグナだったが何度も起き上がるアスタを見て奮い立つ。











「や、やった?」は大抵やってないの法則


†眠っていろ・・・永遠にな・・・†
厨二きた!

永遠に眠ったら話終わるだろーが!!!!




こんだけ尖った刺突食らって一切貫通無しw
これが主人公補正か!

「炎と氷魔法の属性の相性では俺の方が有利、だがそれを覆すほどの魔力の差…」
「すんませんヤミさん俺は恐らく俺は…こいつに勝て…」


ブラクロにも属性の相性とかあるんだ

ヒースさん、改めて見ると強いっすね……









マグナ先輩昔でもかっこいいぜ


ホルダーくれたのじいさんだったの


セイヒのじいさんいい人だな😭


いいプレゼントじゃないですかー


マグナの魔道書ケースって村長からもらったもんだったんか…


マグナ先輩大復活、漢だぜ

「俺は最後まであきらめたりしねぇ」
「俺が諦めてどうすんだ」






物理的にも熱いぜマグナ兄貴ぃ


凄いぜマグナ先輩の全魔力


やっぱりブラッククローバーは野球アニメだった

 「無駄だ」


 「無駄じゃねぇー!!」




打てーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…

「ふん、感謝しなさいよね、トサカヤンキー」
「(やったーやったー!魔力のコントロールできたわ!)」







ノエル様の心の声可愛いンゴねぇ…

 「待て…!」


油断してたのがお前の敗因だぜ

多分その重量叩きつけたら死ぬと思うんですけど

アスタが決まったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…



ヒースの敗因は全部自分でやろうとしたことだな

 

まってまってWww そんな降り下ろしかたする?Www 肩いったいぞあれ


やられセリフがテンプレすぎて笑ってしまった





 「あんた見かけによらず器用なのね」


この炎……消えなイッ!?((;ω;)ボボボ





 「まったく無茶苦茶なやつね馬鹿でうるさくて下民で、けどなんか凄い奴…」










クレイジーサイクロン号でどうやって運ぶんだ

「なんっつー覚悟だよ…」





まさか、ヒース!!(゜ロ゜ノ)ノ?



†終わりの時が来た・・・†
厨二自害・・・だと!?

自決した…手下も一緒に道連れに



果たしてヒースの目的は?


低い身分の人間の命を軽んじることだけじゃなく、失敗したからと自分たちの命をあっさり捨てることにも憤るんだな。アスタは。





ヒース…ありゃまた出てくるな絶対(笑)
ってか村長生前はパワフルだったんだな…😢

 「僕でも魔法騎士団に入れるかな?」


かっこいいぜマグナ先輩、漢だぜ



墓参りからの騎士団に入りたい宣言するとは…😲😲

ノエル様に頑張りなさいって言われたい人生だった



アスタは普通に努力するけど、努力できるのも才能だと思うの


ヒース戦の内容がアニメだとマグナメイン編という要素がかなり強くなってますね。


ネロいつの間に!!(゜ロ゜ノ)ノ?



アンチドリに突かれるアスタ(笑)






いい話からのアンチドリ襲来してきたwwww
ってかあの石、村長が大事にしてたのか..(^o^;)

「小憎たらしい目つき…可愛い」

「こっち来てもいいんだからね!」



トリに対してもツンデレ発揮するのか

ノエルちゃんはちょろいなぁ〜鳥に

こっち来てもいいんだからね!wwwwww
テンプレツンデレかよ!wwwww

ノエルは小憎たらしくて可愛いのが好きだからね

プリパラだったら焼き鳥になってた

 「あのヒースが…」


「そうか、魔石は黒の暴牛の手に渡ったか」
「まぁいい黒の暴牛程度ならいつでもどうとでもできる」
「あの方の復活は目前だ…」





だ、誰だ!!(゜ロ゜ノ)ノ?


そしてエンディングかーい

コメント