【ハクメイとミコチ】3話感想 誰でも失敗することはある

星空とポンカン と 仕事の日 感想

ゴライアスオオツノハナムグリの背中に乗って、朝市から帰ってきたハクメイとミコチ。品揃えが良かったからと、荷車いっぱいに購入した品を運ぶミコチは上機嫌。一方、ハクメイは早く帰って工作の続きがしたいとの事。センから良い火薬を分けてもらっており花火を作りたいと言うのですが、その火薬は室内の窓辺に保管しており・・・。


001



ハクメイの足の裏こちょこちょしてみたい

002


004
005






赤報隊で培った知識を使った炸裂弾だ…


006




中国製火薬だったから爆発した説を唱える

くそっ いきなり爆笑してしまった

まだ黒色火薬の時代なのかと推測する前に爆発して草


三話冒頭で自宅爆破されるアニメだったとは・・・


007






009





スケルトンを音楽で使役する、完全にネクロマンサーやんけセンさん

010
011


ハクメイとミコチでもゆるキャンか

野宿・・・まさかこんなところまでゆるキャンの影響が・・・

012




ポンカンがこれくらいに見えるくらいの話なんだなあ



016




普通に毛虫と会話する展開すき


018



どうして今期はキャンプものが多いのか


022


026


濡れても透けない・・・減点

027




ハクメイ、もはや一人TOKIOである

028



これまーた火事になるやつだよ



029



031




032



一時間たったのがこちらになります

033


034


このアニメもなかなかの飯テロアニメですね・・・

シェフ大泉ならどんどん時間伸びますね。。。

足がほとんど棒で足首から先がほとんどないんだなこいつら

035036


037




041




045
043
044






ポンカンの木の下だからね仕方ないね





046
047
048

スポンサーリンク

 

ハクミコキャンからビフォーアフター展開へ

051
052
050




作らずにいられなかったとかクソコラみたいなこと言うなよ



053
054




(あーこいつ自分の趣味サイコーだと思い込んてるヤツだ)


ビフォーアフターの音楽が流れてきた



056


ガラス張りは冬はいいけど夏はキツそう




058
059



 「俺は鰯谷親方だ」

061



相撲部屋の親方みたいな名前

063


065


今どきちゃんと新聞をとっている家

066


ハクメイも髪を結うと女の子っぽさが増すなあ

ハクメイ食っちゃ寝じゃなかったのか

067


ハクメイ帽子してないんだな

068




親分ZIPPOとか体毛燃えません?

069




もしかして:鰯谷親方必要ない

しかしこういう仕事風景良いね

070
071



しっかしものすごいマイペースだなぁハクメイって

072



074



075
076


082


木槌落としただけで床が抜けるのか・・・

081
077



「親方…」
「怪我ねぇかハクメイ」

084









ハクメイがいつになくしおらしくなっちまった

085
088



イワシじゃなくて親方と呼んでいる


ハクメイもプロだしプライドがあるからな

ふっ 結局イワシって呼び名が気に入ってんじゃねーか

謝る時だけ「親方」言われても気分はよくないか鰯谷親方

089


イワシのこと、実はめっちゃ尊敬してるからな。

092
093




094




096
097





そういやコンジュも店長も出なかったな(´・ω・`)

今日はちょっとほろ苦かったけど
でも優しい世界(*´Д`)


いきなり自宅爆発には驚いたけど、ゆるキャンもといハクキャンしたり、ハクメイの技と仕事へのこだわりと実にいい話でしたね

ハクメイには仕事ぶりをちゃんと評価してしくじってもフォローしてくれるいい上司がいて、落ち込んでる時には自然に励ますいい嫁がいて恵まれすぎだろ

コメント