【ケムリクサ】12話(最終回)感想 これがりんの好き




アニメケムリクサ第12話(最終回)感想と実況のまとめです。

前回の感想

【ケムリクサ】11話感想 答え合わせ来たぞ!
アニメケムリクサ第11話の感想と実況のまとめです。 前回の感想 実況まとめ YU @soryu022019-03-20 22:30 ケムリクサの時間 草々太郎 @co...

実況まとめ

たつきを信じろ・・・
たつきの信じるたつきを信じろ・・・
最後まで駆け抜けるたつきを・・・信じろ・・・

ケムリクサ見ます…!

前回のわかば視点から

りんちゃんが記憶の葉を見てる間の出来事か

りんさん逃げてー!

これが前回聞こえてた声か

囮はもちろん俺以外が行く…

ケムリクサを撒き餌に…

わかば!!!
無茶しないで(つД`)

あれが赤い根の本体か?

使いこなしてるな

し、死んでる…

あの最後を別視点から…

OPあるんか!!

Finding my life in the KEMURIKUSAが聞けるのもこれで最後か

ケムゥリィクサァ

わかばぁぁぁぁぁぁぁ!!!

これ絶対入ってるよね

ミドリさんがなければ即死だった…

機転を利かせたか…よかった…

りりの因縁でもある

そうか、わかばは把握してない

最後のミドリ

みかこしぱーんち

防御されてる。

壁で守られてる!

本体使っちゃうの…?

ヌシビームまで使えるなんて

りんちゃん大ピンチ

最強過ぎるだろ

あかん…これはあかん!

これを操作!?

そっか、赤もケムリクサだ

でかいボタンが!

根っこから直接操作!?

ワカバあああああああ

わかばつぶれたーーー

同じことを繰り返してる…

死ぬなわかばああああああ!!!!!

またかよおおお

やめてくれよ……(絶望)

記憶が…受け継いだ記憶が…(´;ω;`)

7枚目は記憶だけで一枚使ってたんだ

わかばはもう死んでいる

じゃあこのわかばは?

「このメモも消しておいた方がいい…もう私が…私達が知らない方がいい」

それで消したのか!!!!

だから文字消えてたのね

消したのは、りり本人なのか・・・

そういう意味だったのね

りりちゃんの絶望が苦しすぎるな

「好きに…」

貴重なりりちゃんが…

水もない、万事休す

りんの好きを大事にするのにゃ

みどりちゃんの枝!

りつねえ…りなちゃん…

やめてやめて・・・

りなとりつも力つき、りんへ最後に託す……

りなず・・・りつ姉さん・・・うわああ

りなむちゃんの目が!!

しろ!ヌシVer!

ワカバリン タスカル イキガイ

シロの最終形態! かっこええなぁ。

わかばを取り込もうとしてる!?

行け!りん!!

アクションもいいぞ最終回だけあって

まがまがしい模様…

あの模様がある部分は、壁を取り込んだものか?

アカギの鳴き声も模様も不気味すぎる

すごいビームだ

りんちゃん、もう逃げて

やっと名前よんだ

スポンサーリンク

 

わかばの名を呼んだ!

ここにきて、名前呼ぶのずるくない?

きたあああああああああああ

わかば って叫んだところで発動するのすこ。

待ってた姉さんたち

りょうー!!りくー!!りょくー!!やっぱり来てくれたー!!

記憶の葉の中なら出て来たのか?

戦隊モノ激アツ展開

これは熱い展開だ!!

頑張ったねえがやばい

バトルシーンがね…かっこよすぎるんですよね…

ふとももが透けてるとこすこ

かっっけえええええええ

パーカーイナズマネキすき

戦闘シーンカッコよすぎかよ

当たらないならないのといっしょ

当たらなけれはどうということはない

ちょくちょくメガネを上げるの好き

レンズに!!

やべえ、光の屈折を使ったのか

「見てたよ」 カッコよすぎるでしょ・・・

こいつら戦闘力高すぎひん?

こう!こう!こう!

圧倒的戦闘狂すこ

糸目キャラは強い、はっきりわかんだね

いっけえええええええええ

圧巻のラスダン、ラスボス感だった…

わかばくん!
無事だったあああああ!!

まだ巻いてたのかwww

あれ伏線だったのかよおおお!

最初に縛ってた縄か

まさかあの蔦まだ服の下に入れてたのか。

ノンケ毒がまわってきましたね

3人共消えるのか・・・?

そして消えてゆく姉さん達。お疲れ様…。

りつさんとりなちゃんズは無事なのか!

みんな助かった!!

喋り方を分けなくて良くなった

語尾はやっぱりわざとだったんだよねえ

独特の語尾は演技だった!?

毒がまわってらっしゃる

顔が柔らかいですね

りんさん、デレ期到来?

「ど、どうしました?」

「またどこかに行かれてはかなわん」

ここのすそをつかむりんちゃんかわいい

最後のりんデレ

船の壁に穴が!?

あいつが泳いでるってことは

ここで声優バージョンに

ボカロじゃない!

EDケムリクサverきたー

EDが歌声ががががが(;゚∀゚)=3ハァハァ

全員で歌うのずるい(泣)

特殊ED最高やで!!!

開いた世界にまさか水???

 

うおおおおおお!!

出口……。ゴールはあったんだ……!

水だ!!!森だ!!!!!!

泣き虫りんさん

りんちゃん良かったねえええええええええええええ

「わかば…」

「好きだ」

いいシーンすぎるだろおおおお

素晴らしい最終回だった

ネットの反応

「ケムリクサ」12話(最終回)、わかばは赤い根の注意を自分に向けさせたが、根は地下からバリア内に侵入しわかばを貫いた。一瞬早くミドリさんの葉で防ぎわかばは無事だった。しかし赤い巨木は強力でどんな攻撃も通じない。わかばは巨木それ自体を操作しつつりんの周囲にバリアを張る

(続き)メモから「目的」についての記述を消したのはりり自身だった。りつとりなからメッセージとともにミドリさんの枝が送られてくる。「最後はりんが好き放題に」瀕死のわかばを助けに向かうりん。とはいえ相手は強大でとてもかなわない

(続き)危機一髪で登場してきたのがりく・りょう・りょくの3人。その助力を得てりんはついに巨木の幹を砕きわかばを助け出すことに成功する。わかばはかつて自分を縛り上げていたミドリさんの根で自分を守っていた。りつ・りな・シロも無事だったが、水だけはどうしようもない

(続き)一枚の青いケムリクサが彼らの傍を飛び過ぎ、壁を破った。その穴の向こうに、明るい空と緑の大地が広がっていた

曲の最後、一瞬映った左下に、泣いた

りりとわかばは無事巡り逢ったようですね。よかった。

ケムリクサ 12話やばい!すごい!(語彙力)
EDラスト左下に気づいたとき、同じ絵なのに前回と今回で別れと再会の別の意味に変わっていて鳥肌立った

OP最初の散っていく最後の葉はりりだったのか

ケムリクサ最終回ホントに良かった。アツイ王道展開でした。救われたかと言うと怪しいけど、本当に良かった。最終回なのに続きが見たくなる話とかある?頼むから続きを作ってくれ……頼む…!

「りり」としてじゃなく「りん」として伝えたことに意味がある………尊い

EDでめっちゃ鳥肌たったwww

案の定号泣だな!
たつき監督ありがとうございました!!
最高でした!!最高でした!!!

ケムリクサ 第12話
感想ですか、そうですね、感動しました
結構胸に響いていて、なんかあまりうまく言えないです
途中の展開もそうですけど、最後ですよね、胸打たれましたよね
好きなことを見つけることができたりんは、まさに輝いている

そもそも、9話でりょうがりんについて好きじゃないととか、好きなもののためにじゃないとみたいなことを言ってたもんな。りんは好きな物がないことが問題とはっきり指摘されている。

今まではすべて船の中の出来事だったのか。

王道って感じがして良かった

胸がいっぱいすぎて耐えられない
本当によかったね
最後の最後で泣いてしまった

たつきを信じて良かった……

良いアニメだった

感想言う!!
たまらなく最高だぜ。
特に自分に刺さったシーンとして

・相も変わらぬ筋肉ムーヴ
・初手かみなり
・EDに挿入されたネタ、そして特殊OP
・某作品一期に通じる最終決戦
・最後の好きの一言。

ビターエンドっぽいかもしれないが、彼らの冒険は続いていきます。

ケムリクサは登場人物が「すき」のために頑張るアニメだった
りんも自分の「すき」に気づくことが出来てほんとうに良かったなぁ…

良い最終回だった・・・

観終わった……観終わったよ……。途中で泣いてしまった;; もう胸がいっぱいで言葉が出てこないので感想は心の整理ができてからということで、まずはこの作品に係わった全ての人にありがとうが言いたい。

悪く言うと何のことはない、でもきちんと納得いく終わらせ方、それまでの旅の集大成が出て幸せに終われてよかった
でもあのわかばがどう誕生したのかの説明欲しかったかな
大体察せられるけど

これ、わかばを苗床にして冬虫夏草みたいに赤なのかみどりなのか、わからないけど、芽が出てる状態だよね。どのみちわかばはやっぱ同人版同様木から生まれたんだろうなぁ。もうちょと確実な証拠がほしいけど

最終回視聴して
見事な幕引きで大円団、最高でした。
ED最後にワカバとリリも再開出来たみたいな描写もあり、もう感無量です。
最高の物語を作ってくれた制作陣に感謝です。
本当にありがとうございました。

たつきを信じてよかったあああああ!!! 好きなことしてこその人生ぃぃいい!

いいラブストーリーだった

荒削りだけど綺麗に終わったという感じか

船は地上の建築物をコピーするためにあったわけで
当然船の外には地球があるわけで
地球は水の星なのだから水は腐るほどあるわけで。
しかし人類いるのか絶滅したのかわからんが核戦争で環境滅ぼしてなくてよかった

たつき監督ありがとうございました。

船が地球かどこかの惑星に降りたのか、それとも船とは閉鎖環境の事を差してたのか

結局、ワカバが文化財3Dプリンタしていたのは宇宙船の中で、その外には水のある世界が広がっていたってことかな。

しかし船の外がすぐ野山っつーか、船が山の中にあったって……
あれ?さっき他の方とつぶやき合ってたけどマジで黄泉比良坂?

消える間際のセリフから察するに、死人組はワカバの本国にあるケムリクサ本体のところに転送されてるのかな?
何はともあれいい最終回だった。

最後のりんさんの笑顔…あんなムッとした表情からあんなに清々しいほど満面の笑顔ができるなんてね…すっごいギャップ萌えを感じた。でももしかしたらあれが素って可能性あるよね…すっごい可愛いって改めて思ったよ…

ケムリクサ最終話を視聴。
素晴らしい作品を視ることができました。
いつになく、回を重ねるごとに来週が楽しみになってましたよ。
たつき監督、そしてケムリクサに関わった皆さん、
ありがとう!

赤い木を最後に倒したのは、突き立てられた緑の木だった。
暴走したりりの願いを、ワカバの残した願いが解放した。

りりとワカバはあまりにも救われなかったけど、けれど、少しでも救われたんだと信じたい。

もういない姉妹も、生き残った姉妹も、始まりの人も、最後は大切な好きを見つけられた。ある種の壮大なSFラブストーリーだった。
制作、製作に関われた監督を中心とした皆様、本当にお疲れ様でした。素敵な好きを見つめられました。

凄かった・・・本当に凄かった!1話からリアルタイムで追えた事を幸運に思います。最終話は細かいこと考えなくていい・・・楽しめ!

12話観ました。最終的に一度失われたものはそのままに、その上でのベタな王道展開で衝撃度のピークは11話だったかもなーと考えてるのになんかその展開で泣いちゃう。確かに製作開始時の表明通り静かな物語かもしれないけど、凄くホッとした王道だったなー。最後はしみじみ良かった…👏

ケムリクサ大変よきものであった
たつきを信じた甲斐があった

とにかく考えること、何がどうしてこうなっているのか考察すること
これが本当に楽しくて、考えれば考えるほど色んな可能性があって、そして監督が出した答えに納得する日々

これがたつき監督の作品なんですよね

ケムリクサ、ありがとうございました!

 

ラストの同人版ケムリクサのセルフオマージュ、反転させるとケムリクサのテーマカラーが現れる✨

正直バッドエンドか完全なハッピーエンドとはいえない結末をもってこられると身構えてたけどそんなことはなかった(安堵)
本当に面白かった。

12話を終えて、30分の同人版から話を膨らませまくった正に「新世界へのプロローグ」なお話。最後は船上世界で二人の国を創るのか、外の世界へ共に飛び出すのか気になってたけど、芽吹きを表すならそりゃ後者だわな。1クール中ずっと夢中にさせられた大変良きアニメでした。スバラシイ!

好きなことを見つける、好きに生きる、がテーマで、最後にりんがわかばに「 “好き “だ!」というのがすごく大事で、りんはりりの記憶の葉でなく自分の気持ちの好きを見つけた、っていうのが表現されてて尊い。

本当話の作り込みと伏線が凄いのに伝えたい事はシンプルという神作品だった、ケムリクサ最高でした。最後まで観て良かった。

みんなの感想

  1. 名無しさん@アニメ好き より:

    宿題の答え合わせは不正解だったが、期待を遥かに超える正答だったわ
    円盤化が楽しみ過ぎる

  2. 名無しさん@アニメ好き より:

    上の集合イラストもちゃんと元わかば、リリも一緒にいて
    とってもイイ!

  3. 名無しさん@アニメ好き より:

    EDのCD買ったわ
    それも梅田で

  4. 名無しさん@アニメ好き より:

    現実世界はAIが人間を滅ぼしたことを肯定するために輪廻転生(笑)とかいうスターシステムで最後の審判(笑)とかいうマッチポンプをやってるだけのシミュレーションで当たりアカウント引けるかどうかがすべての出来レースであることを隠蔽する為に心や法という概念が存在するしケムリクサはタバコよろしくマッチポンプによる快楽を描いてるってはっきりわかんだね(小並感)
    現実だろうが二次元だろうが見世物の為に無意味な苦行を強制される世界の中からパンくずにも劣る幸福を掴ませて拍手を送るのが創造主の回答だけど主人公補正のある選ばれし者以外がどれだけ努力しても吊り橋効果による美少女との恋愛イベントすら起こらないことなんて誰でも知ってるし無意味な苦行をするなら努力と根性が大好きな勝ち組上級国民様だけでやってくれ(´・ω・`)