【はるかなレシーブ】2話感想 信じてくれる人の為にも、もう逃げない

何も知らずに成美&彩紗ペアとの再戦を約束した遥。しかし、彼女たちは全国チャンピオンだった。1週間後の再戦に向け、遥は経験者のかなたからビーチバレーの特訓を受ける。

私を信じて 感想・反応

はるかなレシーブ 第2話。
なかなか良い感じにスポ根してるのが魅力的。
爽やかさとでも良うのかな?それが個人的には合っているのかもしれない。
「はるかなレシーブ」第2話。2話目にして早くもいい〝最終回〝だった…。かなたちゃんが一歩踏み出す事で〝はるかな〝の絆が深まると同時に、自分では変えてあげられなかった成美ちゃんの苦悩を重ねる作劇が見事。百合描写もあり青春スポ根アニメとしても優秀で隙がない作りに脱帽です。
はるかちゃんのお尻に見惚れるかなたちゃん…百合アニメとしても優秀過ぎます。
JS時代の水着をそのまま着てしまえるかなたちゃんに完敗です。いやでもスク水かなたちゃんも捨て難い…。

2話も快調すぎてやばい!本当に高校2年生?

 
2話
4人の気持ちがきれいに動いた2話だった。
かなたが逃げずに他者の信頼を受け取る事。
成美が無意識にかなたを責め、かなたを救えなかった自分に気が付いてしまった事。
彩紗の成美愛。
そして、やっぱり、遥の大らかで負けず嫌いで他人をかなたを信頼できる性格が嫌味なく輝く。良い。
2話
昔にみるかなたの天真爛漫さと今の臆病なかなたの対比。
ビーチバレーが好きなのに期待に応えられずペアを組む事から身を引いてしまった思い。
成美との再会をきっかけに遥との出会いが塗り替えた。
過去のしがらみを断ち切り、いよいよはるかなペアのスタート、という感じか。
2話
成美の不器用さがドラマの肝。
練習用コートの使われ方みて、かなたがビーチバレーに思いを残している事を察する。
7点先取の試合をはるかなに挑む。
条件付きで1週間後に再戦する。
全ては口とは裏腹な無意識なかなたへのこだわり。そして今のかなたを見て憑き物を落とす事が出来た。
第2話。素晴らしい✨ 1話での「エースなんて必要ない」というセリフの真意が詳らかになり、かなたと成美の心の揺れが試合のプレーの中で見事に表現されてました。個人的には彩紗ちゃんのポジションの辛さに胸が苦しくなりました。この話に対してエ □かったという感想は勿体なさ過ぎる!
私、かわいい女の子が友達や仲間と支え合って頑張って頑張って真剣に戦うアニメが大好きなんですけど、はるかなレシーブが思った以上にそんなアニメで尊さしかない。ありがとう、ありがとうはるかなレシーブ……。
はるかなレシーブ 2話
良い最終回だった。って感じる展開。何よりエ □いエ □いエ □い! 前回以上に今回はエ □度高めで描いております!!という印象w だが試合そのものはなかなか正当で丁寧に描いてくる。おかげてジワっと心がアツくなる。お互い信じ合える関係…良きペアが出来上がったな。
はるかなレシーブ 2話
それと共に、かなたがレシーブを返したこと、そして笑顔になったことにより成美が複雑な思いになる展開が素直に利く。本編的にも本気で良い話だった。
はるかなレシ、まあ、かなたのあの格好が最大の奇襲でしたよねw。そして、遥を通して自分の中で燻っていた想いを改めて実感していくかなた。そして遥によってもたらされた予想外のチャンス。それを見事乗り越えたかなた。だがそれは同時に成美との別れも意味していた。青春ですね(´;ω;`)。
『はるかなレシーブ』2話。ビーチバレーは弱いほうが狙われるって世知辛いスポーツやな。かなたも昔は狙われていた。『ハイキュー!!』だとブロックするのに2~3人並んでたけど、ビーチバレーは1人でがっちりブロックしてしまうから半端ない

2話、ビーチバレーも人間関係もしっかり描かれていてすごい面白かった!ただ僕はお〇ぱいとお尻ばっかり見ています

はるかなレシーブ2話視聴。遥の呼び掛けに かなたが応える流れが素敵ですねー!かつてのペア”なるかな”の因縁も垣間見えて、アツい試合内容だった。互いを知り尽くしたペアの虚を突いた戦法。遥もただ元気なだけじゃなく、全体をよく見ているのが よく分かる試合だった。
1話の「エースなんて必要ない」の深い意味がよくわかった、そんな2話だった。

コメント

  1. 彩紗ちゃんや成美ちゃんかなり強いし( ・_・)
    初心の遥ちゃんやかなたちゃんには厳しい相手だった( ・ω・)
    しかもかなたちゃんと成美ちゃんの間には色々と複雑な事情があるみたいだった( ・ω・)