シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【TSUKIPRO】8話感想 良いライバルってのは必要だな

パラレル・リネージュ 感想

「多分俺が、誠たちを深く傷つけたんだ」

デビュー前からの因縁があるGrowth(グロース)と、別事務所所属の2人組ユニットZIX(ジックス)は、ライバルとして取り上げられることで、共演が増えていた。特に負けず嫌いの桜庭涼太(さくらば りょうた)は、共演の度に闘争心を激しく燃やす。リーダーの衛藤昂輝(えとう こうき)はそんな涼太を見守り、時にはたしなめつつも、そもそも争いを好まないこともあり、心を痛める日々を送っていた。





 「着替えてて全然気づかなかった~」





 「楽屋というよりチルド室だな」









 「売られたケンカは買い占める主義だもん」






「ええ、ファイト見せてもろたわ!自分らライバルのことメッチャ好きでしょ?」
「そりゃもう!」








途中ですがオススメ記事紹介

「風邪か?体調管理がなってないんじゃねぇか?」

「うん悪い、絡みずらいよな」

「!?」

「つかまれ」


お前の為じゃない イベントの観客のためだ

 「すまない助かった」
「お前のためじゃない、イベントの観客のためだ」



「何してんの?」
「コウくんにおかゆをね、作ろうかなーって」







 「居ないな?」
「ZIX?そういえばまだ見てないね」



ミュー○ックス○ーションかな




「俺たちZIXの代わりに先に出て到着まで繋ぎます」


 「グロース…順番かわってくれたんだ」








ツキプロ見た。やっぱりライバルの存在は尊いですなぁ…
本日のおすすめ記事