シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【魔法使いの嫁】6話感想 少しずつ夫婦ぽさも出てきた感じ?

The Faerie Queene. 感想

ウルタールの澱みの一件から数日が過ぎても、智世は眠ったままだった。

眠り続ける智世を心配するエリアスとその監視役の神父サイモンだったが二人の前にブリテンの夜の一角を統べる妖精の女王ティターニアとその従者スプリガンが姿を現す。





『穢れ』の元凶である魔法使いはまだ存命か♪






チセもなんか風格でてきたような


智世ちゃんの仕事中、魔術師とお話しするエリアス。
魔術師が隻腕なのを指摘した。

「なるほど」
「お前その腕だれに取られた」




取り敢えずチセちゃんに仇名す者はその首を貰い受ける




確認の為だけにそんなことしに来たの・・・?エリアスにつっかかってるとか、腕を片方失ってるとか、悪魔サイドに恨みがある感じかなあ・・・。


智世ちゃん、仕事終わり!!
エリアスに智世ちゃんを狙うモノは大勢いると忠告して、魔術師は立ち去った。




死が怖くなった、それでいいんだ

 

「エリアスは魔力なんて必要ないのになんで私を」
「僕は人間でも妖精や精霊でもない半端者でね」
「長く長く生きてとてもたくさんの人間を見てきたけれどやはり僕にはよくわからないんだ」
「彼らの君たちの事が。考えは理解はできるでも共感はできない」
「君らが泣き怒り笑う理由は知れても自分の物にはできない」
「君を買ったのは条件が良かった」
「それだけだ」

「そんなに怖がらなくてもいいですあなたのそばに…」

「メスに告白されるなんて上等なオスじゃねーか、見直したぜ魔法使い」
「情けないから放っておけないの間違いじゃないですかね」


いつ私は死にますか?って問いに、エリアスも応えるんだね・・・。余命もだけど実験の単語にも動じずそうだねって言っちゃう辺り、人間を見てはいても理解出来ないんだな・・・。


エリアスの心は、思うことは・・・?


原作読めば分かるけどエリアスもこう見えて子どもなんだよな



人間でも精霊でもない半端者のエリアス。
智世ちゃんを買ったのは、人間研究のため……?





家族になるってそういうこと・・・ということもあるのかもしれない


エリアスの目の光から表情を読み取る智世ちゃん……。




あ、この部分きちんとエリアスに話しかけてたのか


共感出来ないけど理解は出来る、か。どこまでも観察対象だなあ。でもちせから初めて触れた・・・。エリアスのこの探究心に繋がる目を、自分の境遇気にせず「子供みたい」って言えちゃうの凄いな・・・。







もうAパート終わりかぁ・・・
面白いアニメい限って、時間龍の早すぎる・・・(´・ω・`)




エリアスハウスでは銀の君が冷蔵庫の中を検分。
意外と普通の冷蔵庫と食材だ。



ここまでは前置きというか、前回の続きの説明って事なのね。そしてちせはずっと眠ったままか・・・。








まだ肉体的な痛みにはなっていない、と・・・。この場所、聖域なのかな。



智世ちゃん、未だに昏睡状態……。



もふもふ天国ですよ起きてチセちゃん






あー、スプリガンの声あなたか。シルキーちゃんとの絡み楽しみにしてますよ!


オッコトヌシ様のような登場・・・!!森の女神かな・・・?






たゆんたゆんうごく新キャラ来た


狼のお供を連れた黒髪の美女出現!!
そして胸は豊満であった♡



ティータニアさま・・・神々しい・・・
おっぱい、たゆんたゆんwwwwww


「あまり口をきかない方がいい彼女は妖精達の女王、ブリテンの夜の一角を統べるものティターニア」


静かに紡ぐ詠唱のような伝承。神の存在はそういった場所に来るのね。



女王ティターニアが直々にお出まし♪



え、オベロンだ
ああああああ勝平さんんんんんん



途中ですがオススメ記事紹介





男の子の出迎えが二人、気がきくわねって言ってたのに・・・さらっと席外させるの怖い・・・!!スプリガンが安元さん、ティターニアが久川さん、オベロンが勝平ちゃんかな。


エリアスの監視役の神父さんは『飛ばされた』!!
しばし奇門遁甲の術中に嵌められた♪



嫁強いwwwそして妖精の王と女王の前ではエリアスもまだまだ子供扱いか・・・。


妖精王オベロンがエリアスにちょっかいをかけてきたがティターニアにシメられた♪
……かかあ天下か!?


「わかったよ、じゃあ手っ取り早く寝坊助さんを起こそう」

「あの…誰?」







オベロンのおかげで智世が目覚めた。
だがにやけるオベロンの手を振り払ってエリアスの方に向かった♪


「で子供はまだ?」
「だって夫婦なんだろ?」



1回はデフォルメはさまいと気が済まんのかこの作品はw



オベロンさんwww楽し過ぎwそして口説こうかと思ったら、ちせちゃん完全にエリアスに馴染み済みw怖いかどうか気になってたのかと思ったら、もう子供催促w駄目だこれはw


下世話な話題を振って来たオベロンにティターニアは従者のスプリガンに命じてお供狼をけしかけさせた♪

「彼はちょっとかなり大分頭が悪いんだ気にしないで」
「不出来な夫でごめんなさいね」

「大丈夫なんですか?」
「心配いらないわ喜んでるし」





・・・ティターニア様、心労が絶えなさそうですね・・・
しかもマゾかよ(









かなりちょっとだいぶ頭がワルい王様


妖精王、チセちゃんに変態の認識されたなこれ



このとき、珍しくチセの羞恥心が仕事を!

「子供っていわゆる…」
「エリアス?」

「いや、今内臓がギュッと、何だろう?」

「あらあらまあまあ、たまには役に立つのね、この能無しも」





オベロンはドM!?
で、ティターニアはドSか♡


どうやって子を作るんですか←



内臓がギュッと・・・?ちせちゃんの上目使いと赤面に心が出来たのか・・・?


王様の扱いww
ブリテンだから女王の方が上なのかな?


ティターニアに「あらあらまあまあ」って言わせたの絶対わざとだよな!?!?!?


帰路に就く妖精王族。
オベロンは引きずられて退場♪
スプリガンはコッチに来るなと言い捨てた。


妖精王族の夫婦はエリアスと智世ちゃんに『何人できるか』賭けをする事に☆



一応監視役の牧師さんのジョークにビキィッとムカつくエリアス♪



「10年…10年前にエリアスに買われてたら良かったのに」
「これから10年じゃきかない時を過ごすのに?」

「あなたの実験が成功したらいいですけど」
「するよ」

「しますかね」
「させるんだよ」


成功させるんじゃない、するんだ


あらあら仲がよろしいことで






無口な銀の君の智世ちゃんへのおもてなし。
時季外れのクリスマス・プティングだ♪


ああ”〜!この抱きついても照れも無い信頼感と距離感!!

どっちもまだ恋愛とかそこまで届いてないんですよ!!

この初々しさ!!
見てる俺らの胸のところがギュッとするわ!


 「イザベル…」