シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【恋は雨上がりのように】12話感想 忘れていた自分との約束、雨が上がりそれぞれの道へ【最終回】

つゆのあとさき 感想

放課後の学校に響く学生達の声。冬へと加速する季節とは正反対に、青春は温度を上げ、17歳の心をかき乱す。全てが少しずつ変わっていく中、自分だけが取り残されたように感じるあきら。一方、近藤は本社とガーデンを忙しく行き来し、家では夜通し原稿用紙に向かっていた。あきらは近藤を想い、近藤はあきらを思う。 二人の視線が交わった時、17歳と45歳がたどり着いた明日にあるものは・・・



恋は雨上がりのように 最終回 始まった


001


002
003


004


005


006




ノスタルジックレインフォールも最後かあ…





009014




011
012
013



016
017







ユイちゃん上手くいってそうだな








昇進をバイトに即否定される店長かわいそうw


そういえばキッチンヤリチンクソ野郎はフェードアウトして出番ないな


ちゃんとズボンのチャックが閉まってる新しい店長



018
019
020




女の子同士でイチャイチャしてる

021
022





過去の自分たちとダブるねぇ…

023




一つのマフラーを共有してるの甘美ですよ…



025
026
027


あきらちゃんが母性本能を発揮させてる



あきらちゃんの個別レッスンなんていいですね



028



お父さんの受け売りだったかwwwかわいいな


「転んでも諦めるな」ってお父さんが


「僕は一位になりたい」

029




着替えたてのあきらちゃんエッチ!

「走りきれますゴールまでお父さんとの約束ですもんね」
「ハハ…約束…」

030

「約束なんて言っちゃうとあれだけど…」
「勇斗と一緒に自分にもね…約束をし直したんだ」
「しまいっぱなしになっていた約束を」
031



「ぜーんぜん思うようには書けてないんだけどね」
「でもすごく楽しい」

034



文学に寄り添い生きると決めた自分との約束


こういうこと言える店長ってやっぱかっこいいわ




ここであきらちゃんにも振るのかー




レズとの約束キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!





なんでこんなにラブラブなんだ


038037
035
039


高2とか高3から陸上のリハビリって、治る頃には高校卒業なんじゃ


あきらちゃん、店長の言葉で前向きになれたかな


女子はなかなか筋力もどらんと思うけど


途中ですがオススメ記事紹介





異動じゃなくてよかったねえ、橘さん





040
041





043


ラン!あきらちゃん!ラン!


044




泣くなって言ってる方が泣いてるの良いな


最後までやりきることが大事なんだな


いっしょに†風†を見ようよ!

045
046
047
048

「「いっしょに風を見ようよ!約束!」」

049



あきらちゃん、今度はゆっくり走ってきた


051
053


「大丈夫?」

054

「雨はもう上がります」
055
056




057058


077




062
061





走ったあああああああああああああああ




体当たりのような勢いでぶつかったw




063




064

「いつか…僕らそれぞれが約束を果たしたら」
065

「教えますすぐに、必ず」

068



070
072
074




いい†風†が吹いてやがるぜ…






075




うわ、小説のタイトル泣けるうううううううううううううううううう






この流れからのRef:rainは泣くしか…




こういう展開で終わらせたか~
原作とだいぶ違うけど良かったな。


いい感じですっきりまとまって雰囲気のあるアニメだった



どうなるかと思ったけど、それぞれ2人の心が晴々としてよかった…(´;ω;`)
これから先の未来はきっと雨上がりのように明るい!


雨上がりみたいな晴れやかな終わり方だった……


しっかりとしたハッピーエンドで、いい意味で何も残らなかった。
いい作品でした。


# 12の最終話見終わり。あきら、店長、はるかの着地点が良いまとめ方でほっこり。ユイちゃんたちの初々しさや店長本社通いと面白さもあり、最後まで落ち着いて観られた。最後の小説の題として「恋は雨上がりのように」はかっこいいな。


恋は雨上がりのように 最終回 観た。作画や絵作りめっさ美しかったけど店長への恋は危なっかしかった、この刹那的な恋、実っちゃったらやばそうだった……そんなことより百合で行こう


綺麗に終わっておもしろかったけど店長とのその先が気になる。


いや素晴らしかったよ。話題作があまりにも多かった今期では地味になってしまったけど、確かな演出で最後までしみじみと描いてくれた。人物の心情ってのは言っちゃダメなんだよ。映像で分からせないと。嫌というほど思い知らされるのであった。


『恋は雨上がりのように』最終回。ファミレスの仲間の話をカットしたのは残念ですが、最終的にスゴく綺麗な着地決めててビックリでした。原作の結末がどんなものかは分かりませんが、アニメは”自分自身とあの日決めた約束への一歩”がテーマで、そこを深く掘り下げたのが面白いなと感じました。


お互い夢が叶ったらその時は…END
くっ付くとは思ってなかったからどうやって終わるんだろうと思ってたけどこういう終わり方なんですね
これはこれでとても良い終わり方だったと思う〜
青春が眩しい…


あきらちゃんと店長の関係のきっかけはあきらちゃんから店長への恋心だったけど、アニメでの最終回までの二人を見るとその関係は恋というより友情とか同胞とかそういう感じに落ち着いたな。


恋が成就することが終わりではなくてリスタートに踏み切ることが終わりになった。恋雨らしいラストだった。好きになってくれる人がいる幸せ。
本日のおすすめ記事