シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【妹さえいればいい。】11話感想 伊月の本音、那由多への気持ちは?

主人公にさえなればいい。 感想

伊月に頼まれて著者校を出版社に届けに行った京は、那由多の原稿を待ち続けている編集者・山県と出会う。自ら提案して那由多のもとへ出かけて原稿を書かせることに成功した京は、山県から大いに感謝される。京は編集者という職業への興味をますます募らせていくのだった。新刊が無事発売されたのを祝う会で、伊月たちは『ワンス・アポン・ア・タイム』という物語を作るゲームを始めるのだが、非常にカオスな展開が待っていた……。













ダンボールひいて寝てる…





そこで伸びてる奴はなんだ?→ここに住んでる


まだ原稿も挙がってこないけど(それ大丈夫なんですか💦










































今度余計なこと言うと口を縫い合わすぞ







みゃーこちゃんが全裸になればいろいろ捗るのか…







いつきの家のゲームの幅広さ


絶対、可児公がろくなことをしなさそう・・・













途中ですがオススメ記事紹介














チンチン1mになっちまったのかよ…





てかひどいストーリーだwww










ちんちん切り落としちゃうだろ…










ゲームパート酷えwww
tntnって何回言わせるんだよwww




みゃーさんの羞恥プレイ!










ひどいサンライズパースと進撃パロをみたw





なおBDではかくましの「お○ん○ん」がノーカットで聴けるのか???







そしたら、みゃーさんと行けるんだよな。




「仮にあくまで仮にだぞ、今俺とカニ公が結婚したらどうなる」
「出版業界では大きく騒がれるだろう新聞やニュースに取り上げられるかもしれない」
「まぁ18歳の超人気作家だからな」

「で仮にニュースになった時の見出しはこうだ、大人気女性作家の可児那由多さん結婚お相手は2歳年上の同業者の男性…」
「つまり今の俺は羽島伊月じゃなくて可児那由多の同業者の男性なんだ」


ぶっちゃけ結婚したかったんか…





「主人公になりたいんだ俺は、今はまだ何者でもない俺がカニ公と対等の主人公になったら」
「その時は俺の方からあいつに好きだって言う」






カニ公がちゃんと聞いてるのいいね…





アニメ化決定しちゃたよ…( ゚д゚)


まほがくのアニメ化が決定してしまったか…


本日のおすすめ

本日のおすすめ記事