シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】13話感想 愛を知ったヴァイオレットは生きて生きて生き抜く【最終回】

自動手記人形と「愛してる」


ヴァイオレット・エヴァーガーデン




前回の続きをオープニング抜きで!!







兄貴海軍大佐殿、ヴァイオレットちゃんの『少佐の瞳』をナイスキャッチ&ナイススロウ!!

002
003












( ゚∀ ゚)アハハハハハハハハハハハノ ヽノ ヽノ ヽ/ \/ \/ \



鉄道に爆弾が仕掛けられている!!
ついでにブレーキも効かないように細工されていた!!











ベネディクト君、ファインプレイ!!


\( ‘ω’)/ウオオオオオアアアーーーーッ!!!














このアニメで知ったこと:郵便屋は超人


004


006
007
009









012


生死不明、どちらかと言うと死の方が確率が高い息子さんへの手紙代筆を依頼されたヴァイオレットちゃん。




011



人の心に寄り添えるようになったね…




私はまだ自分の手紙を書いたことがありません

014


他人の手紙をたくさん書いてきたけど、自分の手紙はまだ書いたことなかったヴァイオレットちゃん



自分の手紙を書いてなかった…そういえばそうか


今のあなたが思う通り書けばいいのよ、心のままにね

016
017



018
019


命令をきかなくていいという命令

020
021


少佐殿のラストオーダーは――、戦闘後は誰の命令も聞くな、だった……。






022


少佐殿から怒鳴られても理解不能なヴァイオレットちゃん。
そう、自分の感情が理解できていなかった……。


こんなシーンだけど泣いてるヴァイオレットちゃんちょっと良いですね…


026
025


027


『また今度』は、二度と訪れなかった……。


あら、少佐とこんなやり取りしてたんか。既にここで心が芽生えてたんか…


ホッジンズ社長とカトレアさんに、結局手紙を書けなかった事を報告するヴァイオレットちゃん……。

028
029
030



そうね、やっぱりヴァイオレットちゃんは戦争が終わってから感情を持ったんじゃなくて、少佐との数年間ですでに育んでいたのよね。当たり前だけど。


031



ホッチンズさん本気でいい人なんだよなあ


ブーゲンビリアさんきたのか

032
033
034



035
036


ブーゲンビリア!?
慌てて窓口にすっ飛んできたヴァイオレットちゃん!!
――兄貴の方でした♪

037
038





兄貴海軍大佐殿に連れられてお屋敷に来たヴァイオレットちゃん。
そこでは少々『記憶があいまい』な老いた大佐殿と少佐殿のママンが待っていた。

040
041042


記憶があいまいみーになっている


043


ギルベルトは一緒ではないの?

045




ボケて息子が死んだこともわかってないお母さま


少佐ママンにブローチを見せるヴァイオレットちゃん。
少佐殿の瞳と同じ色だと、ヴァイオレットちゃんと同じ感想を述べた!!

048
049



050
051


少佐は私を拾い、育て、使ってくれました


この婆さんボケてんのかボケてないのか




054
055




ディートフリートはね、ギルベルトのことは諦めろというの。あの子だって出来はしないのに。

DZ8ryPjU0AAowBa


056
057




なんでこうも毎回泣かせるんだ(T-T)

途中ですがオススメ記事紹介
 





「ヴァイオレット!あいつの分も生きろ!生きて生きて…そして死ね」
「これが俺からの最後の命令だ」

058
059


兄貴海軍大佐殿、以前の『死ね』という命令に補足をして改めてヴァイオレットちゃんにオーダー!!
弟少佐の分まで生き抜いてから死ね!!



「もう…」

060

「命令は要りません」
061
062


もう、命令は不要のヴァイオレットちゃんだった。
兄貴海軍大佐殿に敬礼ではなく、民間人としてオジギ!!

063





066068


069
070







誰に手紙を書いたかの話題に花を咲かせるドール達♪






071


あ、内山くんのこと好きになったんだ









挿入歌 「Violet Snow」 歌:結城アイラ


CMの曲キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!






今まで巡った、ヴァイオレットちゃんが仕事をした現場……。

「親愛なるギルベルト少佐」

073

「お元気ですか?お変わりないですか?」
「今どこにいらっしゃいますか?困ったことはありませんか?」
075

「春も夏も秋も冬もいくつも季節が巡りましたが少佐のいらっしゃる季節だけが巡ってきません」

078

「私最初は分かりませんでした、少佐のお気持ちが何一つ分かりませんでした」
「でも少佐に頂いた、この新しい人生の中で少しだけですが感じることが出来るようなったのです」

080

「代執を通して出会った方達を通して」

081

「私は信じています、少佐がどこかで生きていらっしゃることを」

082

「だから私も生きて、生きて、生きてその先に何があるか分からなくてもただ生きて」

084

「そしてまた会えたらこう伝えたいのです」

086

「私は今愛してるも…少しはわかるのです」
087088
090





ヴァイオレットちゃん1話と12話では別人だな。 ほんと成長したよ



生きていることを信じることにしたんたね




愛してるを知ってしまったから、少佐がいないのが余計に辛い…

092
094
095


最高の泣き笑顔だ…( ;∀;)


水滴がスミレの花に堕ち、夜が明けた……。

096
097
098



サブタイトルやべぇぇぇぇぇ!!!!


100


102103





今なんで一瞬びっくりしたんだろ




そしてヴァイオレットちゃんは今日も得物を持って『旦那様』の元にはせ参じるのであった。

~FIN~


最後のお客さん誰だったんだろ?


いやああああああああああ良かったああああああああああああああ









最後までとても綺麗で凄く良い作品だった〜



「生きて、自由になりなさい」という最期の言葉がずっとヴァイオレットの”枷”になっていると思ったら、「戦争が終わったら、誰の命令も聞かなくていい」の方だったんだ。「戦争」が終わったことで、「命令」もなくなり、戦争に縛られたヴァイオレットの人生は終わった。


毎回、心洗われる素晴らしいお話ばかりでした。今季ナンバー1作品と言っても過言ではない。今後も楽しみです!上映会も行きたいわ〜。


はぁ…ラスト少佐に向けた手紙のシーンからずっとボロ泣き…(இωஇ゚)

いい最終回だった〜って浸ってたらエンドカードがまさかの新作決定告知!!

最期の最後までまた泣かせにくるのかぁ…(இωஇ゚)

もう…涙なしでは観られない作品…


13話視聴終了。ヴァイオレットがもう命令は不要ですと自分で言えた事が最高彼女が少佐の願い通り自らの意思で自由になり空へ羽ばたいた瞬間だった。羽ばたいた彼女は仲間やこれから仕事を通して出逢う人達と共に空を駆け巡り人々の想いをこれからも手紙を通して伝えていくのだろう


今期とか今年ではなく人生の中でという括りで面白かったなー。京アニの作画じゃなかったら、ここまで感動しなかっただろうな。色々言われるけどやっぱり京アニすげーじゃんって思いました。


10話、11話で描かれたのが彼岸から此岸への手紙なら、今回飛行機からばらまかれたのは此岸から彼岸(「未来」という意味合いも含む)への手紙と言えようか。
届くことより、手紙として書き記すことに主眼が置かれていると思われる。それはつまり、自分自身と向き合うことだろう。


でもそしたら、そしたら最後のあのヴァイオレットの一瞬の笑顔…あれって…でもお家が前に依頼してくれた人のお家に似てるから、リピーターさんとの再会とも思えるし、でも、もしかして期待していいの?てな風にも思えるから、他の人はそこらへんどう思ってるの?て検索してみたら…


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 13話。満を辞して大佐のモノローグ。大佐がヴァイオレットの名前を呼んだ瞬間が、個人的に最大瞬間風速でした。春夏秋冬をめぐってたどり着いた、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という名前。綺麗な最終回でした。


愛とは、感情とは、といった極限までシンプルなテーマを扱っているため、どういう見方をするかによって如何様にも読みが可能になるところが凄い。広大すぎて、とても全体像は見渡せていないと感じる。
壮大な物語ゆえ解釈の可能性はまだまだ広がる。驚異的な作品である。


最終回見たよ♪♪
素晴らしいの一言の最終回。
ギルベルトの母は記憶が怪しくなっていたけど、ヴァイオレットに家族の愛を教えた。いろいろな愛の形を、手紙で綴ってきたヴァイオレットにとっては集大成。「もう、命令はいりません」戦闘人形から一人の女性に成長した。


まとめ。1話1話が完成されてて文句の言いようがない映像と音楽で人物の心情や情緒を伝え見る物の心を震わせる。言葉一つ一つとってもどれも重みがあり意味があり必要のない言葉は無い。キメ細かい映像表現と高い演出力で描かれたこの作品は美しくもあり切なくもある味わい深い物語


一話一話丁寧にそれこそ言葉を慎重に選ぶような手紙作りと同じくらい、人の心や愛を優しく表現していて感涙を禁じ得ません。ヴァイオレットが徐々に感情を理解していって、最後は確かに少佐からの溢れるほどの「愛」を感じて滂沱した姿が忘れられません。最終話までお疲れ様でした。

『【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】13話感想 愛を知ったヴァイオレットは生きて生きて生き抜く【最終回】』へのコメント

  1. 名前:名無しさん@アニメ好き 投稿日:2018/04/07(土) 00:01:53 ID:cb9bd9a71 返信

    最後の手紙に書いてある一文、誰か訳教えてくれんか

本日のおすすめ記事