シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】11話感想 「ありがとう」と「ごめんなさい」

「もう、誰も死なせたくない」 感想



002


003
004


終わったはずの戦争を継続したい過激派と穏健派が争う内線







006




極東最前線めいたクソ寒い最前線基地。
恋人の写真を見て死亡フラグ絶賛構築中の若い兵士がいた♪

008

「マリア…」

009





これ社長に「戦場でなぁ、恋人や女房の名前を呼ぶ時というのはなぁ、瀕死の兵隊が甘ったれて言う台詞なんだよォ!」って怒られるやつじゃん


ヴァイオレットちゃんがレッドソルジャーになるんかな




010
011






012


013
015


キャンセルするつもりだった軍事基地からの依頼書がロスト!!
ヴァイオレットちゃんの独断専行だっ!!


負傷兵満載の軍用トラックを見て感無量になるヴァイオレットちゃん。

017
018
019



020


現地の宅配サービスに、陸の孤島と化した基地に自分自身をデリバリーするよう頼むヴァイオレットちゃん♪


022
023


025


028



航空機とエースパイロットがいればデリバリー可能だとヴァイオレットちゃんは告げた!!

027






030


「面白れぇ嬢ちゃんだ!気に入ったぜ!」

032



033



プロとして仕事を諦めるわけにはいかない

034
035








戦争が終わった時の話は絶対にするなよ!!!

036
040
039




041

「配置予定時刻は…」

042043
044



046




047
048


049


若い兵士に伝令を頼もうとした士官がダウン!!
やみくもに応戦するが友軍兵士は迫撃砲?や狙撃手の餌食に!!


死亡フラグみたいな会話するから…

050


051


敵のスナイパーは優秀だ

053


054
055



056



057



058059
061060






「死にたくない!俺は…帰るんだ!マリア!」

062

067063




065
066



誰一人、死亡フラグからは逃れられない…


超高々度からの自由落下で狙撃を阻止する展開かと思ったよ


068
069




配達先は陥落――だが、ヴァイオレットちゃんは飛行機のシートベルトを外した!!


070



071




073074072







075



076
077


079
080


081082
083


084
085


086
087


088


敵の指揮官クラスがヴァイオレットちゃんを知っていた。
戦場じゃ有名人だったから……♪

089




ヴァイオレットちゃん有名人やなー



瀕死の兵士を顧客かどうか確認するヴァイオレットちゃん。
――依頼人、旦那様と認証♡

090
091


途中ですがオススメ記事紹介



092
093




095
096
097
098



ダメ元で送った依頼の手紙で超強い女の子が助けに来るってなんて物語だよ


山小屋に避難したヴァイオレットちゃんと若い兵士。
ヴァイオレットちゃんは救命作業を優先していたが、顧客の寿命が高確率で失われそうなので『仕事』を行う事に。

103
105






108




111
112


113



命が尽きようとしている若い兵士の家族あての手紙の内容は、「自分で届けるんだな」と言いたくなりそうなものだった……。


114
115


兵士に家族以外に手紙の届け先があるか尋ねるヴァイオレットちゃん。
ここでようやく写真の女性の宛先に追加した。

116



118
119
120


恋人らしいことなんて何もしないまま

121




チューもした事が無いプラトニックな関係だった彼女への手紙の文面を語る兵士……。


死にたくないよ、帰りたい君のところに

「マリア…君のところに帰りたい…死にたくないよ」
126

「帰りたい…君のところに」
127


マリアを縛るような手紙だな…


124


127



125


132


ヴァイオレットちゃんが泣きそうに

134



冷たい金属製の手だけれども…(´;ω;`)



命の炎が尽きようとしている兵士の手を義手で握りさするヴァイオレットちゃん……。






口の動きでわからなかった


135

「マリアキスして…」
136




137


142




夢の世界で彼女にキスをせがむ兵士。
ヴァイオレットちゃんが代行してあげた……。





死んで枯れた唇とヴァイオレットちゃんの潤った唇の対比

144
145


146


156



暖炉と兵士の命の炎が、消えた……。

147



やはり幼馴染は幸せになれないのか(´・ω・`)


148
149



153151




154
155



157





159
160





161
163164


166
167




168
169



172
173


ヴァイオレットはクールに去るぜ


「ありがとう…」

174

「息子を帰してくれて…ありがとう…」
175

「いいえ…私は…」

177


「ありがとう…ありがとう…」

178




「いいえ…いいえ、いいえ…」

180

「守って…あげられなくて…ごめんなさい…」

181182


兵士の家族達から感謝されるヴァイオレットちゃん。
だが、彼女の口から出たのは――。
助けてあげられなくてごめんなさいという謝罪だった……。


ヴァイオレットちゃんよ責任じゃないよ…


ボディガードは流石に業務範囲外だろ


ヴァイオレットちゃんが謝ることじゃないんやで……







先週の最終回に続いてまたイイ話もってきやがって…


『助けてあげられなくてごめんなさい』と涙ながらの謝罪をするヴァイオレットちゃん。
果たしてこの言葉は戦死した兵士の家族だけに向けられたものなのだろうか……?


回を重ねるごとに感情を知っていくヴァイオレット・エヴァーガーデンさんと、日を重ねるごとに感情を失っていくオタクの対比が素晴らしいですね


ヴァイオレットに助けられたお陰で届くはずのなかった思いが汲み取られてちゃんと届いて良かった


今回の視聴も濃密な体験だった
ストレートな話だけど 戦時はこんなことあちこちであるだよなあ


かつて己が命を懸けて生きてきた戦場に今度はドールとして赴くことに、ヴァイオレットの少女兵時代の経験が活きると共に戦場の血腥さ改めて感じさせられたなぁと…死にゆく兵士を想うヴァイオレットの心は戦場で過ごしていた頃のヴァイオレットでは芽生えない感情を抱いていたろうに


第11話視聴終了!!
独断で最前線へ強襲降下出張サービスに来たヴァイオレットちゃん!!
虫の息の兵士の手紙をエア代筆!!
ランボーと異なり遺族には感謝されたがヴァイオレットちゃんは謝罪……。


今回ヴァイオレットにとっては辛いな。昔は奪う側の立場だったから最後のありがとうは絶対救いになったはず。締めに一言。ヴァイオレット実弾避けるとか強すぎ


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第11話観た。戦場での仕事。ヴァイオレットちゃんが感情を取り戻して順調に仕事をこなしてるけど、今回の涙とか見ると、自分がしたことや国の現状に押し潰されるんじゃないかと不安だ……


今まで何も考えずにただ敵というだけで多くの人を殺してきたヴァイオレットがドールとして今回、戦争で死にゆく兵士の手紙を書いて遺族に渡すことで過去の自分がやったことがどれだけのことだったのか直接思い知ったってだけで涙が溢れてくる
本日のおすすめ記事