シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ハクメイとミコチ】12話感想 仲間との別れ、嫌いだった場所が帰る場所に【最終回】

紅髪の記憶 感想

祭りの準備で騒がしいマキナタの街並みをハクメイとミコチは歩いていました。新聞によると、以前ハクメイが一緒に旅をしていた「緑尾老のキャラバン」がマキナタの近くを通るようです。二人はキャラバンを一目見ようと、翌朝までにコヨウ大岩にたどり着くよう移動していたのでした。道中足止めを食っても何とかしようと、自作の爆薬まで持ってきたハクメイ。まずはヒノチ街道に差し掛かったのですが、今は廃道のようで・・・。



001


数年前、ハクメイはキャラバンしていた

002
003




国境という概念があったのかこの世界

004


2人の出会いの回とかか?


「じゃあハクメイ、ここでお別れよ。達者でね」

007

「私キャラバンに…」
008



009
011


012


まだ爆薬に懲りてなかったのか・・・






127013
014



「見えるかな?緑尾老のキャラバン」
「新聞の情報通りなら貿易路を折り返して南下しているころだ」
「マキナタに寄ってくれたら楽なんだけどね」

126

「まぁ仕方ないさ、マキナタに入るには体長に制限がある」
「緑尾老は上限体長の倍あるからな」

128
129



そんな駐車場に入れるかどうかの規制みたいな


「今日中に索道に乗れば間に合うだろ」「ギリギリねぇ」



016



017


018





020




こういう商売が普通に成り立ってるのが面白い

021


「緑尾老のキャラバンのこと詳しく教えてよ」

022
024025


026




「尻尾の先は緑色に染めててオシャレだ」

027
028


029
030


031


「丁度人手が足りないと思ってたの。ここで倒れるか、荷物運びを手伝うか、選びなさい」







035






ロングヘアー時代のハクメイは確かに「女性」であることがわかる


036
038







039
040


ハクメイはプロだぞ 任せておきなさい


「橋の向こうまでって約束したしなぁ…」

044

「体縛るもの持ってるか?連れてってやるよ」043





こっちも粋なたぬきさんなのん!


たぬきなのんさん金の分は働く、いいヤツなのん

045046



ハクメイとミコチの登場人物の義理堅さ


047


049
050






053
054






「なんであんな物騒なもんを…」

055

「趣味と実益を兼ねて

056



※:趣味で爆薬持ってる人なんて普通いません


趣味と実益をかねて装備するもんじゃないぞ


057


059
058061




たぬきなのん、もはやヤケである

062


食べたものが全部シェイクされるでしょ


063
064



すげえ優しい運び屋さんだった

「ありがとう助かった!」
「ダチに会えるといいな」

065

途中ですがオススメ記事紹介

500じゃ安いぐらいにやさしかった


ええヤツやったな(o゚3゚b)b


066
067


ロープウェー(人力ではなく猿力)


070
071





ピーナッツにはじまりピーナッツに終わるアニメだったか


変な国だと聞いてたから行ってみたいとかどこのキノさんだ

「なんでマキナタに?」
「変な国だって聞いてたから一度行ってみたかったんだ」

072

「知ってたのか?大きさに制限があるって…」

「ああ、仕方ないよ…」


「ガッカリだ…マキナタは旅人が集まって出来た変な国って聞いてたんだよ」

076

「期待してたんだ、それなのに体が大きいだけで門前払いって…」

077

「そういうのは嫌いだ…」

130



大きすぎたから入れなかったの…(´;ω;`)


このアニメ各種族の大きさバラバラだけど、初めて大きさでの弊害が出てきたなぁ


「どこにでも行けるあなただからこそ住んでみなさい」

078
079080






「その頃は髪が長かったんだがその場で切って緑尾老に渡したんだ」

131

「私の赤い髪を覚えていてほしくてな」

082


ずいぶんな長旅なんだな ゴンドラ

132
133





084


夫婦で営んでるゴンドラ屋なのかな


085
086



「今はどうなのマキナタに住んでみて」

087

「どうなんだろうな…よくわからん」
「けど、帰ってくる所だと思ってるよ」
088




091
092



「おーい!キャラバンのみんなー!!」
「私はここで元気にやってるぞー!」

093



尻しか見えない!(別にえろいアニメじゃない)


094


095



096


爆薬の時間だあああああああああああああ




098
099


102
103



104





105


108


107110


112
111115


 「元気そうで安心した…髪短いままなんだね」

109

114





116


118



ハクミコ最終回、なんか叙情的ですごく良かったなあ…


ああ センがあの服を着ている・・・

119


120


だからさ 最終回でこれまでの登場人物全員出すのやめてくれない 刺さるから 泣くから

121


祭に今までの人たちを重ねる演出


イタチが物凄い髪型になっとる

122






ハクメイの髪の行方を流すED



125
DZiUPWfU8AATMqi







ハクメイとミコチ とても良いアニメでございました。スタッフの皆様ありがとうございました



ほんといいアニメだったので名残惜しい



ハクメイの「過去との決別回」で締めたわけですね。ミコチとの出会いを出さなかったのは次への事を考えていたんでしょうか



ほっこり日常系として安心して見られるアニメでしたなハクミコ。コミックテイスト活かした演出も良かったし、販促的にも悪くないアニメ化なんじゃないでしょうか



ハクメイとミコチも良い作品だったんだが、今期はとんでもないのが集まりすぎて地味な存在に追いやられてしまった感が…


ハクメイとミコチ達にまた会いたいです…
本日のおすすめ記事