【グランクレスト戦記】6話感想 覇道と王道

進軍 感想

ヴィラールの魔法師長であるマルグレットが間もなく25歳の誕生日を迎える。ヴィラールに仕える魔法師は女性だけで、25歳を迎えると契約は解除される決まりとなっている。
盛大に開かれた誕生祝いの宴。集まった者たちは口々に感謝の意や別れを惜しむ気持ちをマルグレットに伝える。
そんな中で、ヴィラールはマルグレットの手を取り、ダンスに誘う。二人の想いが通うかのような激しいダンスに、シルーカはもどかしい思いを抱く。


さて、グランクレスト戦記6話よ アバンなし!



地味に最近面白く感じるから頑張ってくれ


001
002


003
004



005


なんだかんだで受け入れられてるシルーカさん





007
008



ヴィラール様は25歳になった女魔法師との契約を解除するんだぞ

 「マルグレットの誕生日を失念していてね」

009


歳が来たら契約出来ないってやつか


果たしてこいつは〇リコンなのかどうなのか


やっぱ沢山の女を囲ってると1人を特別扱いできない?

012



013
014


015




ヴィラールとマルグレットの正装、いいねぇ(゚∀゚)




おっぱいの大きさは権力の証


シルーカちゃんのドレスカワイイ

016


017


020


018


019




021






ただで出ていくとは思えんが



022
023


一国のトップにとって舞踏会は外交手段の1つでもあるし


024


025




ちょっとちょっと…刺激の強いダンスですよ…

026



028







030
031


032
033



テオとシルーカきたーーーーーーー


よく客人たくさんいる前で濃厚なダンスやれたなwww
ってかテオ様も踊るんかwww


034
035



036


踊るよっ!って自ら誘っていながらダンスを女性にリードされるテオさま~


「もう少し私に体を寄せてください」
「いいのかな?」
「そういうものですから」

038



040


041



042
044



045





046
047



048
049

「盾で守れるのは自分だけ」

050

「敵を倒せば味方が倒される事は無い結果的に多くの味方を救う」
「それこそが君主の戦い方というものだ!」

053



051
055
056


058
059


061



060

「あなたは覇道を歩もうとされているのですね」

062


067



ミルザーにとってテオは気に入らない存在だからねぇ。


063
064
065


これはデレて仲間になるやつですね…



警備兵さん、放火犯はこっちです(え


強いな ミルザー 彼の言うこともそれはそれで。 覇道の人 だけど当のヴィラール様はというと・・

「あの人が進んだ後には敵の屍が続くだろう」
「でも俺が進んだ後には味方の屍が残るのかもしれないな」

069

「それが王道というものですから」

070


多分、そんなに悪い人じゃないんだろうなあ


途中ですがオススメ記事紹介


「覇道」と「王道」の意味の違いくらい知ってるよね、って想定で台詞を書いてるわけだな。


テオ様、完全にシルーカとカップルになりつつあるな…(笑)


テオ殿劉備タイプだから回り道めっちゃしそうだし…

 「その道には君もいてくれるんだよね」

072

「もちろんです」
071



 「もう少し君の知恵を借りたかったんだ」

076075

「彼女は何故あんなにも私を毛嫌いしていたのだろう?」

074



シルーカは好色伯+あの変態衣装



077




079




耳がいたいいいいいやめてえええ

081


飲み物が入ってるコップのフチを触る効果音が何かリアルな(^^;


ファザコンイケメン…、におうな

083





憎むよりも愛していたいと思わないかい?

 「自分を生んでくれた女性を憎むより愛していたいと思わないかね?」

084


こいつイケメンすぎやろ…



086


どうみてもテオよりもまとも


女性を敬愛しつつもどこかで恐れているのかもしれないね

087088

「君の幸せを祈っている」
089
090


女性を敬愛しつつも恐れている、まるでオタクじゃないか


091
093







095
096098


100102
104



ああヴァルキリーショタゲット


馬に乗っていい人いけない人の区別がはっきりしてるんだなあ。

106


テオ殿、従属を願い出る者が現れましたぞ!

107


108
109



110111






ミルザーさん単騎で挑むのか 強いぞ


真正面からひとりで突っ込んでいったw

112



113
114
115


117


122



無双シリーズのキャラクター並みの一騎当千兄貴

124


125








ホントだ、君主が命落としたね





あーあ、そいつはそんなんでどうにかなるタマじゃない(´Д` )。



127129130133




毒蛇 愚かな君主でしたね 相手が悪すぎる





ミルザーは目的のために最短ルートを全力で走るタイプだな









野心のおっさん、やっぱつよいっすね




134
135


137
141





142


そのフォントのセンスなんとかならない?




野心厨のおっさんだけ次元違う強さしてて草生えた


殺しまくったら怨念が片腕に集まってきた(^^;
それ後々フラグになりそうな…(^_^;)
ってか一人残して壊滅させたって言われても..
って言うかもう終わりかw


ちなみに今回は1話で原作3巻の半分まで進みました


テオがシルーカの手を取って『踊ろう』ってイケメンすぎかあああ!!
良いねえ…シリアスな世界観にもああいうキュンキュンポイントたまに出してくるのすごい好き。誘っておいて、テオがステップ苦手なのも愛嬌だなあってね。4分の1が終わったのかな?また最初から見返そう。


ミルザーの覇道とテオの王道の対比はやっぱりちゃんとやってくれたか。マルグレットもたっぷり。原作を読み返していて切るならここだろうって所で終わったし、次回はテオの「扇動」からのハルーシアでアレクシス登場だな。


グランクレスト戦記 6話。25歳を迎えてしまった。いい話だなーと思ってたら使者が無双してました。確かにテオ様とは違う道ですね。テオ様はどうするのか。まぁどうしたって認め合うことにはならなそうです。