シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【キノの旅】9話感想 短編回、EDにアニメのあとがきとおもしろい演出!

いろいろな国 感想

ある山の上で、山賊の長老が十代半ばの少年と共に見張りをしている。彼らは慎重に獲物を見定めていた。バギーに乗った黒髪の男に小さな女の子と犬。一人で旅するモトラド乗り。そして……。他にもキノがお茶を飲んだり、料理をしたり。そんなキノとエルメスたちのいつもの、いろいろな旅の話。




 「あれは襲ってはならん目標じゃ」


剣なら弾丸には勝てません(残念、これはラノベです)


女の子をよく見なさいって長老□ リコンか?


「アレは、襲ってはならん目標じゃ」




「女の子です!とても可愛い女の子ですよ!可愛いな……」

「絶対に襲うべきです、だって女の子一人ですよ」
「ダメじゃ0点じゃ」
「見た目で騙されてはならん」
「一人で旅をしているという事は一人で旅ができるという事じゃ」
「あの子はああ見えで数々の修羅場をくぐり抜けてきた凄腕じゃ」



なんかえらいフィルターかかってるなw


キノさん女の子と判断された



まあキノさんも大概なチートですからねぇ・・・






「あいつらは恐ろしい悪魔じゃった!悪魔じゃったああああああああああああ!!!皆、逃げろおおおおおおおおおおおおお」



よりにもよって最悪の相手に手を出してるな長老w


まあ、相手がキノさんのさらに上を行くスーパーチートだから仕方ないよねぇ





なにそれなにそれすっごーい


徳を積むというのはRPGっぽい


「この国では誰かが何か素晴らしい行動をしたらその人に徳ポイントが与えられる」



地味に高度な管理社会だな…


「これが-になると刑務所に服役する事になる」



普段良い人が悪い事をすると悪し様に罵られ、悪い人がたまに良い事をすると美徳として語られる それは錯覚




人が殺せる程ポイントが溜まった



ただキノさんを相手にするのはダメだよ、絶対返り討ちに遭うから


「私はね……!誰かを殺したくこのPを貯めたんだ……!」




誰かを殺したくてポイントを貯め続けた


誰かを殺すために大統領になるというものすごい発想



頑張りすぎたサイコパスか?


いやそれだったら大統領になるよりこの国から出て行った方が・・・>誰かを殺したくて


サイコパスと言うか、なんというか



キノを殺すつもりだったが見抜かれていた


人生を間違えた悪人になれない善人

「私のようにはなるなよ」
「私のように人生を失敗した男には」




大統領まで上り詰めた男が失敗とはな


あれAパートで終わったぞ徳山の国


「みんな知ってるかー!さすらいの料理人の噂!」
「知ってるぜ!どんな食材でも絶品料理にしてくれる!」
「聞いて驚け!その料理人が我が国にも来る!」

「旅人さん料理を作ってください!」
「はい?」



いきなりテンション違いすぎて困る


なんか違う料理アニメが始まった


たとえ動機が狂っていても善人つらぬけばそれが本性になっちゃうってことかね?


キノ+エルメス+視聴者「はい?


国中のレストランが大繁盛はありえないだろ


確かにキノの料理の描写はおいしく思えるときがあるが……




さっきからなんだこの短編は…
電撃文庫マガジンの連載分とかかな



「この国の人……逃げてー……」





「さすらいの料理人に教わったのさ!」 キノ焼き恐ろしい

途中ですがオススメ記事紹介
 

やはり悠木碧さんの料理として売り出した方が


「そうだったね。ちょっと辛かったかな」

 「お師匠さんですらキノの料理食べて死にそうになったんだよ」

「なんにせよ楽しい国だった」
「なんにせよ変な国だった」


あの師匠が死にそうなるほどの料理・・・




キノさん料理ができない人の言い訳みたいになってる


まあエルメスさんは飯食わないからなぁ




鶏肉のキノ焼き(オリジナル)鶏肉のキノ焼き(マイルド)



「一枚どうぞ」
「願いを書き込んでこうして飾ると叶うという言い伝えがあるんです」



「どうせこんなの役に立たないから」 圧倒的リアリスト

「願いを書いたのかい?」
「なんと素晴らしい」

「ここにあるみんなの願いが叶いますように」
「なんて素敵な願いなんでしょう」

「あれは大変優しい願いで素晴らしい願いですがどうしてあのような願いを?」
「どうせこんなの役にたたないから」



みんなの願いが叶いますようにを出汁にする現実主義者のティーちゃん


「師匠は何も教えてくれないんだ」

「ねえ…エルメス」
「なぁにキノ?」
「僕はあの国に入ろうとしていたと思うんだけど…違う?」
「うん違わないよ」
「どうして通り過ぎているんだ…」



「キノはね。入国して滞在して出国した!以上!」



キノさん+視聴者「僕らにはそんな記憶はない」



出国時に滞在中の記憶を消す薬を飲む事が条件


記憶を消す国というものすごい発想


そんなやべー薬とか嫌やろ



エルメスは全部覚えている


なるほど師匠も話さなかったわけだ


これだけうろたえるキノは相当レアだ


これは薄い本の題材になりそうな国ですなぁ


これまでで一番滞在を楽しんでいたキノ

「安心して、キノはいつものキノだった」
「それより今まで見た中で一番、間違いなく一番滞在を楽しんでいたよ」

「全員優しかった~、いや~素晴らしい国だったよ」
「でも…僕は覚えていない…」


さすがの師匠も記憶飛んではダメだった


「何も覚えてなーい!!!」


いろいろな国というか、短編集だったんですね今回


出国後の本人の気持ち悪さは相当な気がする国だったな


「行こうか。エルメス」「行こう。キノ」 いろいろな国




アニメなあとがきの国 オチきたああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

「ねえ、キノこんなところに国があるの?」
「実は僕も何故こんなところを走っているのかよくわかってないんだ」

「ねえキノいったいどこに向かっているの?」
「さあ?」


あとがきのアニメ化wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww





EDも短編に組み込んでしまう発想すばらしい


流石あとがき大好き時雨沢恵一先生だぜ



キノさん女の子だと他の人から認識されていることが一番重要だった気がする今回


突然の原作者からのメッセージにビビったw
一瞬、最終回かと思ったわ!w

アニメ版 あとがき

「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」をご覧の皆様こんばんは!

そうです、私が原作者の時雨沢恵一です!アニメを視聴してくれて、本当にありがとうございます!そしてこれが、アニメ版のあとがきです!

あとがきのアニメ化が夢ですなんて、「キノの旅Ⅶ」で書いたのは2003年!

それは、そう!前のTVアニメ化の放送中に出た本!

そして今、十四年の時を超えて…。

あとがきが、TVアニメ化したのです!なんでも言ってみるものですね!

みんな、夢を諦めるな!ドリームを諦めるな!需要だから二回言った!

みんな夢があったら語ろう!

語って口に出して、言葉にして、そしてその実現のためにコツコツと、できるところから頑張っていこう!

いうかどこかで、多くの人間の理解と力を借りて、その夢がポン!

現実になることだってあるっ!

皆さんがいまみているものが、まさにその証拠なんですっ!

とまあ、そんなちょっと教育的によさげなコメントをもって、私からの、アニメのあとがきに代えさせていただきます。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。

アニメなあとがきの国[2017年 冬 時雨沢恵一]

本日のおすすめ記事