シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【だがしかし2】4話感想 いなくなったほたるさん、哀愁漂う夏の終わり

ホームランバーと花火大会と… 感想

花火大会の日、真剣にアイスボックスを覗き込むほたる。今日こそホームランバーの当たりを引こうとしていたのだ。皆で花火に行こうと言われていたココノツは「花火を見に行こう」とほたるを誘うが、返ってきたのは「人で?」という言葉。否定できぬまま、ココノツはほたるを乗せて自転車を漕ぎだした。



001


サヤちゃん声からすでにかわいい




002003




004




008



ホームランバー
1つくださいな

010



011



今この形のホームランバー無いよね…



これはほたるさんの神しゃぶりが見られる流れ



015




バッターサヤちゃんかわいい

017




019
021
022












020


アイスを食べる女の子に興奮する男子



DU939EiVAAAaUs0
DU939ypVQAA1pna
DU93-PFVMAEqeMx



何割か決まってるんだよね、当たりの数



DU94MSuV4AAz145
DU94Mq4U0AAwquq
DU94NNzU0AAANB6
DU94N6PVMAAmLa1


フォロー
夏だから日が高いのか。失念していた







そこで固まってしまうんだほたるさん





DU94aeWU8AI8Ekf
DU94bxqUQAAdwC7


バス乗り遅れたwwwwwwwww





030
031
032



スプリンターだろがんばれ!!



037
038





ちゃんとライト点けてる偉いぞココノツ

039



2けつでよくバスの距離走ってられるなぁ



ほたるさんがおっぱい押し付けるだけでココノツはむっちゃやる気出すぞ!


DU948NdVoAEtOqC
DU948iqUMAA3m8G
DU949b_U0AEe_bT
DU94-3uVoAAQzUd



途中ですがオススメ記事紹介






スタイリッシュ下車する必要はあったのか?



042


044


050



DU95NpeUQAEfPBo
DU95OkJVMAEP8ln
DU95O9kVQAA4ll6



君と夏の終わり〜将来の夢〜




ほたるさんが当たり・・・だと!?

053


ほたるさんの舐めたアイスの棒をくれた…?


奇跡かよwwwwwwwwwwwwwwww


DU95bhLUMAAXKpz
DU95cH-VoAA2Px5
DU95c-kVMAAhZNx
DU95doSVoAAafgM


055












DU95l16U8AA9yM8
DU95mSXV4AAnkWp






くっそwwwwwwココノツwwwwww



 「今日は帰るわ、さようなら」

058
059



ほたるさんが突然年上の女の人感を出してきたな…


「その日は雨だった、だから理由としてはこれなんだろうと思った」
「雨に濡れるのは嫌だもんな」

061



もう二度と会えないような言い方しないでよ。



うわぁなんだろ、センチメンタルになる…


062



ずぶぬれサヤちゃんかわいい


 「その次の日から晴れが続いた」

063
064







DU96NVQV4AAdfEv
DU96OMfV4AEvUBF




家知ってるんだろ?口内炎の時行ってたよね


ここからか…彼女がいなくなるのは


なに今回めっちゃ寂しくなるんだけど…


「夏が終わる」

DU96aZSVAAAKZoK

「そして…冬が来る」
DU96amZUQAAJStH




なぜ最終回前のようなテンション…


071
072



だがしかし 第4話観た。突然の別離。なにこのラス前くらいの滅茶苦茶盛り上げてからの重い展開!いったいほたるちゃんに何が!!!!!


原作読んでねえからほたるん消える?まではチラっと知ってたけどこの後の展開と眼鏡かけてる人のつながりが想像付かないからある意味楽しみ。


ほたるさんがいなくなってシリアス展開とは。ほたるさん一体どうしたのか気になるな。それにしてもいなくなる前に自分の食べたアイスの棒をあげるってちょっとエロいな。ほたるさんらしい。


ほたるさんがいなくなって、ひとつ疑問だったのが、こっちで住んでいる家を知っているはずなのに、訪ねる描写がなかったんだよね。
ココノツの受動的な性格からなのかしら?


だがしかし 4話
普段からくじ運が悪いほたるがホームランバーであたりを引く。ココノツの嘘を見抜きつつ二人で花火をみる。「これは恋か?恋なのか??」と匂わせつつお騒がせガールは夏と共に去り、季節は冬へ進む…。全く「らしくない」演出だがターニングポイント故にたまには良いな。
本日のおすすめ記事